マルジャンやってます(37)

マルジャンプロリーグ、

今回はB2に落ちて半荘12回を打ちました。

今回はその最終戦の南3局です。

ここまであまり良い成績ではなく、

残留か降格か、という一戦となりました。

2着かトップなら残留、

3着かラスなら降格だろう

と思いながらのぞんだ一戦です。



トップ目が51000点。

もはや、トップはのぞめません。

ただし、望み通り

僅差ではありますが、2着です。

なんとかプラスの2着で終われるといいな、と思っていると

なんと、9500点のラス目が親の第一打の1をチー。

今見ると、何を考えているのかさっぱりわかりません。

しかし、ラス目は何をやっても自由です。

私もたまにこういう事をやることはあります。

実際の私はこの時点で

ホンイツかなというぐらいの感覚でした。



ところが4巡目、そのラス目の上家が打7。

7はホンイツにもチャンタにも使える牌です。

こうなると、上家の役は役牌ということになるのですが。



今見ると、手牌がごっそり入れ替わっています。

しかし私には、何をやっているのかさっぱりわかりません。

まあ、チャンタなのでしょう。

ところで、私の手の中にある西、

3巡目ぐらいにツモってきたのですが、

なんとなく置いてしまいました。

3巡目の時点では、親が第一打に切っており、

「安牌だろう。」なんて気分で置いていたのですが

順目が進むにつれて切りづらくなってしまいました。




すると上家がなんと9をチーして打(1)。

そして私のツモが五。

親がタンヤオ牌を二つも仕掛けていて、タンヤオ牌が切りづらく、

アガれそうにないのにぶくぶくな形になってしまいました。

上家に西が当たっても、

どうせチャンタのみの西単騎ぐらいだろうと切ってみると、

チャンタはチャンタでも、ホンイツチャンタの5200でした。

この放銃で、私は3着に滑り落ち、そのままこの半荘が終わりました。

「あ~、これで降格だな。」

と思っていました。

ところが、蓋を開けてみると

-20.2ポイントの214位なのに、ギリギリ残留でした。

最後になって、急にボーダーラインが下がったようです。

なんか、得した気分です。

次もB2で頑張ります。

投稿日:2018年2月16日 更新日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

押川雲太朗HP

押川雲太朗公式サイト

新しい記事はありません