マルジャンやってます(39)

マルジャンプロリーグ、今回もB2で打ちます。

最近、このあたりで定着してしまい、

上がったり下がったりしなくなってしまいました。

謎と同様、かなり停滞しております。

何とかAリーグを目指して頑張りたいと思っているのですが

最終戦になって、またしても降格のピンチになってしまいました。

ラスや3着なら降格、トップなら昇格、

2着は微妙なところです。

その南3局。




西家が放銃しまくって、残り1800。

49500点持ちのトップ目ですが、北家に満貫をツモられると

西家が飛んで北家のトップで終了となってしまう状況です。

ここは是非もう一つアガりして自力優勝を目指したいところです。




8巡目、(6)4のくっつきの形から、(4)を引いて

カン(5)聴牌になりました。

しかし、場にピンズが高く、カン(5)など到底アガりそうにありません。

しかも、将来(4)(6)は切りづらくなりそうな牌です。

連荘中で良い感じだったので、

両面に変わるだろうと(4)をツモ切りました。




すると、1800点しかない対面がリーチです。

対面のリーチには打ちたくありませんが、

ベタオリだと何も怖くない2着の上家が突っ張ってくる可能性があります。




するとなんと(7)ツモ。

4はリーチの現物です。

対面から出てもツモっても見事終了です。

ただし、ピンズが来たら降りようかな、と思っていたところ

次のツモが…。




ピンズは降りようと思っていたのに、

ついついツモ切ってしまいました。

裏が乗ってハネ満。

この放銃で2着にずれ落ちてしまいました。

しかし、よく見てください。

カン(5)の聴牌をとっていれば、

リーチ一発で(7)を引かされて、現物の八の対子落としが出来ます。

すると、次順(4)を引いて(5)(8)聴牌。

(5)(8)は山に2枚。

一方、(4)(7)はまったくありません。

対面のリーチは、まさに敗者のリーチです。

一方私は、流れに乗っていました。

自分がツイていると思えば、普通に打ったほうが良いのです。

つまらないことを考えて失敗した例でした。

ちなみに、この半荘は2着で終了し、

辛くもB2に残留しました。

謎の天鳳四段と私のAリーグ昇格は

どちらが早いのか。

はたまた、どちらもないのか。

投稿日:2018年2月16日 更新日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

押川雲太朗HP

押川雲太朗公式サイト

新しい記事はありません