マルジャンやってます(42)

マルジャンプロリーグ、今回もB1です。

ここ何回か、ずっとB1のままです。

なんとか上を目指したいのですが、

なかなかそうも行きません

今回も最終戦を迎えてボーダーライン上です。

トップなら昇格、それ以外なら残留というような条件です。

降格は無さそうなので、気は楽です。

なんとか昇格したいところです。

そのオーラス、31200点ながら、トップ目で迎えました。




しかし、誰がアガってもまくられそうな点数です。

トップを取るためにはアガり切るしかないだろうと思っていたところ、

あっさり役牌の白が出てポンしました。

しかし、手の中はバラバラです。

面子が一つ多く、どこを嫌っていくかが運命を左右するような手です。



6巡目、三枚目の(1),(4)が出たので、当然チー。

さて、何を切るか。

ドラ表示牌待ちのカン(7)待ちを当然外したいのですが、

ここまで、場にソーズが1枚しか出ていません。

おまけに、対面はドラの(8)を打っています。

嫌な空気を感じ、打4としてみました。




すると、上家からリーチ。

私のツモは7。

安全牌がありません。

「知るか。」と(6)を打つと見事放銃。




リーチ一発表裏で8000点の放銃。

三着になってしまいました。

それにしても、ソーズはない、などというのは私の完全な勘違いで

4を切ってからソーズしかツモりませんでした。

本当に「なんとなく思う」という感覚ほど

あてにならないものはありません。

普通に打てば、やはり(6),(8)を打たなければならないはずです。

結局、(6)を切り遅れたことが放銃となってしまいました。

ところで、上家のリーチはリーチドラドラです。

降りれるところまで粘れれば、降りたかもしれないんですがね…。

降り切れればトップだったかもしれません。

というわけで、またしてもB1に残留です。

謎ともども、ながい停滞が続きます。

投稿日:2018年2月16日 更新日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

押川雲太朗HP

押川雲太朗公式サイト

新しい記事はありません