マルジャンやってます(46)

マルジャンプロリーグ、前々回、B1からB2に落ち、

前回、B1にあがりました。

ところが、今回はB1で12回打ち、

-45.7ポイントの128位で、またしてもB2に降格してしまいました。

どうも、マイナス方向にベクトルが向いているようで

次回が心配です。

今回紹介するのは、最終戦を残した11戦目。

ここでなんとかすれば、降格をまぬがれるという一戦の南三局です。




現在2着目、ラス親があるので無理をする必要がない局面なのですが

5巡目、早くも親に平和純チャン三色ドラ1の聴牌が入っています。

親っパネ聴牌、しかも恐ろしいことに

私の手に高めの1が浮いています。

親は、(4)を切ってダマテンに構えます。

大ピンチです。



しかし、2巡後リーチ。

ダマテンの間、1は出ませんでしたが、

リーチ後、私は手が整い、1が出そうなピンチです。

そこへ、親が三色の高め、(3)を切ります。

(3)を喰ったら、1が出ちゃう。

大大ピンチ。



なんとかこの(3)は我慢しました。

ところが、次順の親の切りが(6)。

対面が(3)を合わせ打ちしたため、(3)(6)は5枚目です。

(4)(7)を落とすという手もあるのですが、

誘惑に負けてチーしてしまいました。

打白。

まだ1は出ませんが、

大大大ピ~ンチ。




2巡後、なんと入らなくてもいいのに、

タンヤオになる四をツモりました。

一だったら、聴牌だけでまだ1は出なかったのに……。

見事、昇天です。

24000を放銃して、ラスを引きました。

粘りが足りませんなぁ。

投稿日:2018年2月16日 更新日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

押川雲太朗HP

押川雲太朗公式サイト

新しい記事はありません