マルジャンやってます(51)

「べとべと」の話がながく続き、

マルジャンの報告が遅れてしまいました。

Bリーグの主であるはずの私が、

ついにC1に降格してしまったところからです。

今回は、C1で8回打ちました。

結果は、212.2ポイントの32位。

見事1期でB2に昇格。

これからもBリーグの主として頑張って行こうと思います。

今回はこの局面です。



東2局、53300点持ちの大トップ目です。

「このまま誰かを飛ばして終了じゃ~!」

と、意気込んで放銃してしまっているように見えます。

ところが、私としては、多分通るだろうなと思って切った4なのです。

アガった下家は3巡目に6を切っているからです。

しかも、それを対面がポンしています。

さすがにないだろうと思って切ったら、赤56という形で持っていました。

「あ~、そうか、だから6を早切りしたんだ。まだまだ修行が足りないな。」

と、思いました。

ところが、後で見ると全く違っていたのです。



これが6を打ったときの下家の手です。

それをポンする対面もなかなかやりますが…。



その後、2,1と落とし、このタイミングで赤5を引いてきます。

それを切らずに温存していると…。




なんと6引き。

そして、私の放銃になります。



このおかげで、私は勢いを無くし、

2着で終わってしまいました。

いや~、麻雀とは面白いゲームです。

投稿日:2018年2月16日 更新日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

押川雲太朗HP

押川雲太朗公式サイト

新しい記事はありません