天鳳やってます(103) 

です。

今回も、10回ほど打ちました。

成績は……(2),(2),(1),(4),(4),(1),(4),(4),(4),(4)と

ラスばかりの成績でした…。

なんと、10回中6回ラスという脅威のラス率。

何度かトップも取っているものの、これでは意味がありませんね…。

通算成績は以下の通りです。

四段 420/ 1200pt R1735

1位率 .283 対戦数    590  和了率.244

2位率 .232 平均得点 +2.70 放銃率.147

3位率 .254 平均順位  2.43 副露率.349

4位率 .230             立直率.185

飛び率 .018

 

さて、今回は果敢に手を高くしようとしたこの局面を紹介したいと思います。

 

東3局一本場、10400点持ち、西家。

 

既に東3局で、10400点のダンラス目です。

 

しかも、西家。

 

ということは、もうラス親がありません。

 

トップ目は、37600点持ち、3着目でさえ24800点持ちです。

 

いつものことながら、毎回追い込まれています。

 

ここは、最低でも満貫以上の手が欲しい所ですが……。

 

こんな配牌が来ました。

 

 

一面子はあるものの、どうもあまり高くならなそうです。

 

いっそ、ゴツゴツした手なら高い手も狙えるのですが、

これではそれも難しそうです。

 

ドラの2が手に絡んでくれればいいのですが、

このソーズの形では、時間がかかりそうです。

 

とりあえず、手が伸びることを期待です。

 

 

6巡目、私の手牌はこんな形になりました。

 

しかし、まだいまいち手が進んでいません。

 

一応平和の二向聴ではありますが、

このまま手を進めていったら、それこそ本当にただの平和のみです。

 

とりあえず、手を高くするために打9の対子落とし。

 

ここは、最悪でもタンヤオは欲しいところです。

 

 

 

しかし、思惑とは逆に、ものの見事に裏目を引いてしまいます。

 

7を引いたのはいいものの、一萬を引いてしまい、

またタンヤオが消えてしまいました。

 

ツモ切りしてもいいのですが、しぶしぶ打二萬。

 

すると……

 

2順後、四萬を引いて聴牌してしまいました。

 

予告通り、ただの平和のみになってしまいました。

 

これでは、リーチをかけても2000点。

 

しかも、この形ではドラも絡みそうにありません。

 

上家から仕掛けが来ているので、

即リーでも良いのかもしれませんが…。

 

「今更こんな安い手で聴牌を取れるか!

せめて、タンヤオにしてからリーチだ!」

 

と、打一萬で聴牌拒否。

 

これなら、四、七萬を引いてタンヤオ聴牌。

 

最悪、先に5,8を引いての

フリテン三面張のリーチでも構いません。

 

とにかく、少しでも手を高くしたいところです。

 

 

しかし……。

 

余裕ぶって聴牌外しをした報いか、

ついに下家からリーチが入ってきてしまいました。

 

もちろん、こちらは引くつもりはないのですが

リーチVSフリテン残しの一向聴では

どう考えても分が悪そうです。

 

そして…

 

 

一発目に、いきなり危険牌の(6)を引いてしまいました。

 

もう既に軽くわなわなと来る私。

 

四、七萬をツモって、かっこ良くフリテンリーチと行きたいところでしたが

現実はそうも上手く行きません。

 

あっという間に、危険牌だらけの手牌になってしまいました。

 

こうなったら、目をつぶってツモ切りしようかと思いましたが……。

 

「いきなり、この(6)切りは雑だな。

場にもピンズは高いし、まずは三面張を残して打六萬だ。

七八と手出しで切ってリーチなら、大丈夫だろう。」

 

と、まずは安全そうな六萬を切ります。

 

しかも、こうしておけば

(2)や(7)引きなどピンズが伸びたときに、

マンズを切っておけば、フリテンが解消されます。

 

何から何までいいコトずくめだと思ったのですが……

 

 

「ゲッ!ウソ!?

 

なんと、この六萬が通らずアタリ。

 

しかも、この六萬は高目です。

 

自分から、わざわざ高目に一発で放銃してしまいました……。

 

リーチ一発タンピンドラ1の満貫です。

 

まさか、七八を連続で手出しで切っておきながら

六-九待ちとは……。

 

完全にやられました。

 

目をつぶって(6)切り、というのが正解のようでしたね……。

 

ただ、平和聴牌になったら

結局六萬も出てしまうのが痛いところですが…。

 

 

この放銃で、元々ダンラスだったのが

さらに超断トツラス目になり、

オーラスも逆転出来ず、4着で終わってしまいました…。

 

どうも、高い手を狙いすぎて

変に気負っているのかもしれません。

 

変な欲を出さず、聴牌した時点で

即リーをかけたほうが良かったかもしれませんね…。

 

そうしていたら、寸前で六萬はかわせて

上手く行けばアガれたでしょう。

 

アガっても、2000、3900の手ですが

放銃して飛び寸前になるよりかは、マシですかね……?

 

 

さて、今回は大幅に調子が悪く

結局-ポイントで終局。

 

またレートも下がってしまいました。

 

どうも、調子が良くなったり悪くなったりと

あまり安定しません。

 

安定しないことには、まだまだR1800は遠そうです。

 

次回は、プラスで終われるよう

頑張りたいと思います。

 

投稿日:2018年10月11日 更新日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

押川雲太朗HP

押川雲太朗公式サイト

押川雲太朗

1965年生まれ。漫画家。麻雀漫画を多数執筆しています。現在は「麻雀小僧」と「Let’s Go なまけもの」を執筆中。


押川雲太朗先生の下でアシスタントをしている謎と申します。
天鳳やってます」を担当しています。
毎回やらかしてしまうヘボヘボなブログですが、良かったら見てください。
目標は四段R1800で特上卓に行くことです。