天鳳やってます(111) 

です。

今回も同じく天鳳で10回ほど打ちました。

成績は………

(4),(3),(4),(1),(1),(2),(4),(3),(3),(4)

と、4位と3位ばかりが目立つ成績になってしまいました…。

ゆっくりと低空飛行を続けていたのですが、

ついに成績がガクンと落ちてしまいました

通算成績は以下のとおりです。

  四段 280/ 1200pt R1722

1位率 .283 対戦数    670  和了率.244

2位率 .225 平均得点 +2.54 放銃率.149

3位率 .258 平均順位  2.44 副露率.344

4位率 .232             立直率.189

飛び率 .017

さて、今回は無理やり手を作ったこの局面を紹介します。

東4局、28900点持ち、北家。

現在、オーラスで2着目です。

トップ目は対面で、34200点持ち。

その差は5300点差です。

しかし、24200点持ちの3着目がラス親。

出来れば頑張ってトップを取りたいところですが、

親に逆転されないように注意が必要です。

4巡目、私の手牌はこんな形になりました。



なんとなく、三色にも見えますし、チャンタにも見えます。

しかし、まだ一面子も出来ておりません。

どれも、門前で手を作れば逆転の手になりそうなのですが、

どうもスピードでは出遅れそうです。

ドラは1なので、なんとか1を絡めた面子を作りたい所ですが…。

そこで……



上家から出てきたこの2を、チー!

またいつものように思い切った仕掛けです。

点数は犠牲にしましたが、

スピードで他家に追いつくため、仕方ありません。

ただ、焦っているだけかもしれませんが……。

しかし、これでもう迷うことはありません。

この手で最高の、チャンタ三色ドラ1をアガって、

見事逆転してみせますよ~。



7巡目、速攻で仕掛けたのが良かったのか、

続く(7)もあっさり出ます。



9巡目、両面の九も鳴いて

あっという間に聴牌です。

こんな順目に三フーロもしてしまうのは

少し恥ずかしいような気もしますが、

これでも聴牌は聴牌です。

しかし、ここで一つ問題があります。

「よ~し、あとはこれをアガるだけだ……ん?

そういえば、これ、何点なんだ?」

勢いにまかせて鳴いてしまい、点数のことをすっかり忘れていました。

鳴きのチャンタ、三色、ドラ1で3900点。

これでは、出アガりでは逆転出来ず、直撃か、ツモらないと

逆転出来ません。

(鳴く前に気づけよ。)

「し……しまった。」

しかし、もう鳴いてしまった後。

もはや、この手で突っ走るしかありません。

むしろ、条件次第とはいえ

この順目で逆転を狙える手になったことに喜ぶべきです。

しかし……


 

「ギャーッ!」

11巡目、親の下家とラス目の上家から

なんと二軒リーチが入ってきてしまいました。

絶対絶命です。

私の手牌は、四枚しかありません。

もし危険牌を引いてしまったら、降りです。

しかし、これは逆にチャンスでもあります。

二人リーチということは、2000点のリーチ棒が場に出ます。

3900のこの手も、どこから出ても逆転可能な手になりました。

他家にアガられる前に、この手をアガって、勝負を決めてやる!

と意気込んでいると…。



気合虚しく、下家がリーチ一発で引いてしまい、

無念にも3着で終局してしまいました……。

う~ん、残念。

何巡も前から聴牌していたのに、

結局アガれる気配もなく終わってしまいました。

結局、リーチの破壊力には勝てないということですかね……。

今見ると、待ちのカン8は下家に1枚、対面に2枚と

山に残り1枚です。

それに対し、下家と上家のリーチは同聴の(3)(6)。

山に4枚ほど残っております。

これでは、分が悪すぎますね……。

むしろ、ラス目に一発で引かされて逆転されなかったことを

喜ぶべきですかね……?

どうも、最近トップを狙って3着や4着になるような展開が多いです。

いい加減、ラスを引かないような打ち方を覚えないと

いつまでたっても浮かび上がれませんね……。

さて、今回は4位を何度もとってしまい、-150ポイントで終局。

いよいよ、危なくなってきました。

ヘタすると、次回で三段に降格……、

なんてこともあり得るかもしれません。

そうならないように、次回も頑張りたいと思います。

投稿日:

押川雲太朗HP

押川雲太朗公式サイト

押川雲太朗

1965年生まれ。漫画家。麻雀漫画を多数執筆しています。現在は「麻雀小僧」と「Let’s Go なまけもの」を執筆中。


押川雲太朗先生の下でアシスタントをしている謎と申します。
天鳳やってます」を担当しています。
毎回やらかしてしまうヘボヘボなブログですが、良かったら見てください。
目標は四段R1800で特上卓に行くことです。