天鳳やってます(66) 

です。

今回も、東風戦を5回打ちました。

成績は……(1),(3),(4),(3),(3)と

3着ばかりの成績でした…。

通算成績は以下の通りです。

  三段 850/ 1200pt R1753

1位率 .275 対戦数    330  和了率.244

2位率 .251 平均得点 +3.43 放銃率.143

3位率 .263 平均順位  2.40 副露率.358

4位率 .209             立直率.188

飛び率 .021

さて、今回はまたまた優柔不断で失敗した

この局面です。

東4局、26300点持ち、北家。

現在、2着目です。

トップが37000点で、その差は10700点差。

少々、点差があります。

出来ればトップを狙いたいですが、

配牌によっては、2着狙いでも十分です。

こんな配牌が来ました。




対子が多く、既に4対子です。

この形では、順子手にもならなそうなので、

点数的にも対子手に向かう一手です。

第一打から、打4。




順目は進み、7巡目。

九萬が対子になり、七対子一向聴になりました。

途中で、場に一が2枚出ましたが、

さすがにこの形ではまだ仕掛けづらく、スルーです。




しかし、9巡目、6が暗刻になりました。

本当は、一が2枚切れている以上、トイトイに行かず

ツモ切りするのがいいのでしょうが……

白が2枚切れということもあって、

ひとまず白切り。

まだ、トイトイの欲を捨てきれずにいます。

しかし、トイトイに行く場合

ドラの八萬を切らなければならず、

その場合、最悪5200点で

トップ目から直撃してもトップにはなりません。

どうしたものか、と悩んでいるところです。

結局、10巡目に出た九、

11巡目に出たニをスルーし

12巡目に(5)が暗刻になりました。

七対子でテンパれれば良いか、

と思っていたところに暗刻になった形です。

こうなると、また迷います。

「う~ん、トイトイに行った方がいいのか…。

でも何枚もスルーしてるし…、

でも、ニ暗刻で七対子に行くのも……。」

また、優柔不断の虫が出てしまっています。

結局、8索を切ってトイトイに行きました。

1枚ずつしかありませんが、

もしツモったらリーチするつもりです。

最悪、七や三を引き入れてのリーチでも構いません。

とにかく、前のめりに突っ込んで攻めたいところです。





すると、終盤親からリーチが入り、

上家から最後の二が出ました。

結局、5200点ですが、

最後のニなので、見逃すわけには行きません。

これでもツモれば、三暗刻がついて逆転できます。

もしくは、リーチが入ったことで

トップ目からの直撃でもギリギリ逆転出来ます。

この終盤で、ドラを切るのは相当危険ですが…

ポンして、打八萬。




ドラは通りましたが、

ポンのせいで対面がテンパり、リーチが入りました。

しかし、ここまで来て降りるつもりはありません。

残り1枚の九が出てくるまで突っ張ってやります。

しかし…




さすがに都合よく出ることもなく、

16巡目に、対面がリーチをツモあがりました…。

裏1で、ハネ満です。

これで、私は3着目になってしまいました。

うーん、次の順目に九をツモれる気がしたのですが…。

(無理だ!)

やはり、先週と同じく優柔不断な考え方ですね……。

ポンした時点で、九は下家の手牌にあり、

私のアガり目はありませんでした…。

トイトイ狙いなら、最初の一から鳴いておくべきでしたかね……。

今見ると、ニをポンしなければ、私に八が入り

最初から七対子に向かっていれば、聴牌出来ていました。

アガれなくとも、少なくとも流局になり

次局ではトップの可能性もあったかもしれません。

相変わらず、思考がふらついていますね……。

今回は、そんなふらついた闘牌ばかりで

3着ばかりでしたが、-10ポイントで終局。

大幅に、下がらなかっただけ、まだマシですかね……。

次回も、しっかりと意思を持って

頑張りたいと思います。

投稿日:2018年9月21日 更新日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

押川雲太朗HP

押川雲太朗公式サイト

押川雲太朗

1965年生まれ。漫画家。麻雀漫画を多数執筆しています。現在は「麻雀小僧」と「Let’s Go なまけもの」を執筆中。


押川雲太朗先生の下でアシスタントをしている謎と申します。
天鳳やってます」を担当しています。
毎回やらかしてしまうヘボヘボなブログですが、良かったら見てください。
目標は四段R1800で特上卓に行くことです。