天鳳やってます(84)

です。

今回も、5回ほど打ちました。

成績は………

(1),(2),(1),(4),(1)と、ついにトップ3回という快挙を成し遂げました!

(そこまで快挙ではありません。)

ここから、私の快進撃が始まりますよ~。

多分。

通算成績は以下の通りです。

  三段 340/ 1200pt R1661

1位率 .261 対戦数    420  和了率.239

2位率 .240 平均得点 +1.28 放銃率.146

3位率 .264 平均順位  2.46 副露率.355

4位率 .233             立直率.180

び率 .021

さて、今回は、いつものように高い手を狙って

失敗したこの局面です。

東2局、23000点持ちで親。

まだ始まったばかりの東2局ですが、

前局に対面が2000・3900をツモあがり、

早くも3万点超えです。

どうも、高得点の応酬になりそうな予感です。

こちらも様子見するつもりはありません。

この親番で、ドカっとアガってみせます!




4巡目、私の手牌はこんな形になりました。

ドラの3をツモり、早くもドラ3でいい形です。

これなら、タンピンで高打点も期待できそうです。

しかし………




対面が發をポン、そして私がツモって来たのが1です。

「何だこの牌は、お呼びでないぞ。」

タンヤオを狙っていた私からすると、少々期待はずれのツモです。

一応、手が進んだので發を切りますが……。




そして次順、7を引きました。

一応、一向聴になりましたが、

その場合切るのはドラの3。

しかも、3を切って一向聴にした場合、三色も消えます。

どうも、もったいないことをしているような気がしてなりません。

もうこうなったら、切る牌は一つしかありません。

ここはあえて打1で、二向聴にとる一手です!

いつものウルトラ強欲打法です。

スピードは遅くなりますが、ドラを頭にすることによって

ハネ満、倍満まで狙える手になります。

それに、こうしておけばドラポンもでき、

鳴き仕掛けも出来ます。

準備は万全です。

このメンタンピンドラいっぱいフルコース(できたら三色つき)で

一発で決めてやります!

しかし……。




「ゲ…。」

上家が、リーチと来ました。

しかも、宣言牌が赤五萬。

私の方はと言うと、対して手は進んでおりません。

「さすがに、これを食わないと追いつけなくなるか……。」

と思い、チー!

遺憾ながら門前は諦めたいと思います。




次順、リーチの上家から(4)も出ます。

一回鳴いてしまったので、

聴牌出来るこの牌ももちろんチー。

遺憾ながら三色も諦めるつもりです。

なんだか、鳴いているたびに安くなっているような気がしますが

気にしません。

しかし、これでもタンヤオドラ4で12000点です。

親倍とは行きませんでしたが、ここはこれで良しとしましょう。

後は五、八が出るのを待つだけです。

しかし………。




ツモったのは、1。

これもまた、全然お呼びでありません。

リーチ者と鳴き仕掛け二人がいますが、

もちろんこんな牌で止まる私ではありません!

えいやっと勢い良くツモ切ると………




上家のリーチに放銃してしまいました…。

裏が1個乗って、満貫です。

う~~ん…やりすぎましたかね?

早速ラスになってしまいました。

この放銃が響いたのか、この後も全然手は入らず、

結局最後の最後でまた放銃して、2200点で終わってしまいました。

せっかく、5戦中トップを3回で飾れたのに

こんなラスを取ってしまうとは……。

お恥ずかしい限りです。

先日、先生から、「まっすぐ攻めろ。」と言われた私ですが、

どうも形や牌効率ではなく、打点や良い形にとらわれてしまっています。

ちょっと高い手役が見つかると、もう形なんかお構いなしです。

これでは、スピードで追いつけるわけありませんね………。

一応気にして打牌をマトモにしようとしているのですが、

ちょっと油断するとすぐ強欲打法に走ります。

あの手牌も、打3で一向聴に取ってたら、

まっすぐの門前で12000をアガれていたかもしれません……。

調子は悪くないのですが、

つまらない考えでミスをしてしまうことが多いです。

難しいですね。

さて、今回は調子は良く+80で終局。

やっと、プラスのご報告が出来ました。

この調子で頑張りたいと思います。

投稿日:2018年10月10日 更新日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

押川雲太朗HP

押川雲太朗公式サイト

押川雲太朗

1965年生まれ。漫画家。麻雀漫画を多数執筆しています。現在は「麻雀小僧」と「Let’s Go なまけもの」を執筆中。


押川雲太朗先生の下でアシスタントをしている謎と申します。
天鳳やってます」を担当しています。
毎回やらかしてしまうヘボヘボなブログですが、良かったら見てください。
目標は四段R1800で特上卓に行くことです。