天鳳やってます (72)

です。

今回も、天鳳で10回東風戦を打ちました。

今回の成績は……
(2),(4),(1),(4),(3),(1),(3),(2),(4),(1)と、
またも中途半端な成績でした…。

どうもここ最近勝ちきれないことが多いです。

通算成績は以下の通りです。

三段 190/ 1200pt R1616
1位率 .241 対戦数   740  和了率.222
2位率 .240 平均得点 -1.39 放銃率.175
3位率 .259 平均順位  2.53 副露率.313
4位率 .258           立直率.199
飛び率 .029

さて、今回は早速やってしまったこの局面を紹介します。

東1局二本場、21800点持ちの南家。

早くも起家が連荘し、
二本場となってしまった局面です。

私は、21800点持ちの3着目。

親は、33100点持ちです。

まだそこまで大差ではないといえ、
このまま連荘されると逆転は難しそうです。

ここは、これ以上連荘される前に
何としてもこの親を落としたいところです。

こんな配牌が来ました。

既に二面子できており、悪くない形です。

しかも、そこへ第一ツモが白。

完璧です。

これで、この白を鳴けば
簡単に親を落とせそうです。

そこへ、上家から打白。

もちろんポンです。

これが鳴ければ、もらったも同然です。

この局面では、高い点数を狙う必要はありません。

この白ドラ1で、
親を流したいと思います。

すると、次巡上家から9が出ます。

ここで、変な欲が出てしまいました。

「ん……?この9を鳴けば、
34567の三面張が出来る。
残った形も良いし、迷いなくチーだ!」

と、この9をチー。

しかし……

「あ、あれ……?」

やってしまいました。

残った形を見れば一目瞭然。

先生に何度も注意された頭無しのチーです。

三面張に釣られ、
わけのわからないチーをしてしまいました。

「し、しまった……。何だこの形…。」

一応、(6)か(7)を引けば三面張の聴牌ですが、
先に258を引いたらさらにひどい形になってしまいます。

どうしたものかと思っていると……

2巡後、初牌でもあり
自風の南を引きました。

こうなったら……

「おら~~~!」

打(7)で、ここからホンイツに持っていきます。

これなら、先に258を引いても
単騎待ちですが、7700で十分な点数になります。

こうなったら、予定変更です。

高い手を無理やりにでも狙って、
少しでも挽回してみせます。

毒を食らわば皿までです。(やけくそともいう)

すると……

「あ、あら?」

(7)を切った次巡、すぐに(7)が来てしまいました。

これで、三面張の聴牌まで逃してしまいました。

ミスのしまくりです。

「ま、まあいい……258か南が引ければこっちのものだ…。」

と思ったのも束の間……

「ゲッ…。」

ついに、上家の親からリーチがかかってきてしまいました。

あれほど流したかった親なのに、
こうなるとピンチです。

ここでさらにアガられたら、ダントツになってしまいます。

どうしたものかと思っていると……

次巡、上家から2。

本当は、南か西を引いて三面張を生かしたかったところですが、
仕方ありません。

この2をチーして、南単騎にとります。

西は3枚切れですが、南は初牌。

親リーがかかってるこの状況では、
つかめばきっと出て来るはずです。

しかし……

何巡たっても、南が出て来る気配はありません。

この巡目まで出てこないということは、
誰かが対子で持っているのでしょうか。

そこへ、4ツモ。

こうなったら、南単騎よりも
47ノベタンの方が有利でしょうか。

ソーズが高いということもあって、
場には47は1枚も出ておりません。

誰かが対子で南を持っているなら、
この南単騎はアガれません。

まだ山に47がいることを期待して、
容赦なく打南です。

すると、南を打った瞬間ラグが。

やはり、誰かが対子で持っているようです。

しかし、この南は他の人にはオタ風で、
鳴いても使い辛いはずです。

「ふっ、鳴けるもんなら鳴いてみろ。」
と思っていると……

「あっ!そ、そこ~~!?

なんと、対子は対子でも、
親が対子のシャボ待ちです。

親が対子なら、出てこないのも当然ですね……。

結局この放銃のせいで、
親は4万点超えのトップという結果になってしまいました…。

ひどいですね。

やはり、ホンイツ狙いはやりすぎでしたね……。

せめて、南をツモ切っておけば
258待ちの三面張で、とっくにアガれていたという結果です。

そもそも、最初のチーからやりすぎですね……。

今見ると、鳴かなければ(5)、5とツモり
258待ちの聴牌があっさりできていました……。

普通に手を進めていたら、あっさりアガれていたのに
逆に奇跡のような放銃です。

やはり、教え通り
頭のない形の鳴きはするな!ということですね…。

反省です。

さて、今回もまた半端な成績で、
結果-10ポイントと
じわじわ後退していっています。

次回こそ、プラスで終われるよう頑張りたいと思います。

投稿日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

押川雲太朗HP

押川雲太朗公式サイト

押川雲太朗の万事いい加減

押川雲太朗の万事いい加減

上野浅草御徒町

上野浅草御徒町

押川雲太朗

1965年生まれ。漫画家。麻雀漫画を多数執筆しています。現在は「麻雀小僧」と「Let’s Go なまけもの」を執筆中。


押川雲太朗先生の下でアシスタントをしている謎と申します。
天鳳やってます」を担当しています。
毎回やらかしてしまうヘボヘボなブログですが、良かったら見てください。
目標は四段R1800で特上卓に行くことです。
毎週金曜日更新予定。