マルジャンやってます(15)

こんにちは。

マルジャンでボコボコにやられている

押川雲太朗です。

プロリーグ、

ついにD1まで落ちてしまいました。

ちょっと油断すると

高い手にぶち当たります。

もう、ビビりまくりです。

ですが、今回は逃げまくって

何とか昇級しました。

成績は、(3),(1),(2),(1),(2),(2)の

+104ポイントです。

とにかくこのあたりのリーグで打っている人は

打点の高い人が多く、降りないので

安い手でうっかり出て行くと

逆襲されることが多いです。

こうなったら地味な麻雀で

何とか凌ぐしかありません。

今回はこんな局面です。

東4局、21900点で3着です。

早い順目で親がダブ東ポン。

7順目の發切り以降ツモ切りで

捨て牌を見ても

ほぼ聴牌確実の状況です。

この時点で強引に攻めるつもりはないのですが、

何とか聴牌は取りたいところです。

ここからはとりあえず現物の七を切ります。


2順後、赤五を引いてこの手。

前順に上家が打った2を切ります。


次順、4を引いてこの形。

親が7を2枚切っていて

ほとんど7を引くことは望めません。

そこで、2順前に対面が打った8を切ります。

それにしても、対面と上家。

親を聴牌だと思っていないのか思ってるのか

何でも切ります。

他も警戒しなければならない状況です。

おかげで親に対する安牌が増えて助かりますが…。


2順後、六を引いてこの形。

ここで9を切る気はありません。

あまりにも牌が通り過ぎていて、

シャンポン待ちが要注意な状況だからです。

9は生牌です。

シャボで当たってもおかしくない牌だからです。

そこで、合わせ打ちの(6)切り。

生牌はもう絶対に切らない覚悟です。

 


 

すると、次順上家が二を引き

打9。

親の5800のアガりで

やっと決着がつきました。

逃げるのに必死です。

親に対して全員が降りてくれれば

もう少し楽なのですが、全員が来ていて

私だけが当たり牌をつかまされている、

という状況では

三人に対して注意しなければならず

本当に苦しい麻雀になってしまいます。

まあ、でもこんな感じで頑張りますよ。

投稿日:2018年2月16日 更新日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

押川雲太朗HP

押川雲太朗公式サイト

新しい記事はありません