天鳳やってます(151) 

です。



今回も、天鳳で東風戦を10回打ちました。

今回の成績は、

(2),(2),(3),(4),(2),(4),(2),(2),(3),(1)と

2着ばかりの微妙な成績でした……。

最後にトップをとっていますが、

ラスを2回とってしまったの、結局マイナスです。

通算成績は以下のとおりです。

  四段 790/ 1600pt R1750
1位率 .286 対戦数   1070  和了率.243
2位率 .216 平均得点 +2.48 放銃率.155
3位率 .264 平均順位  2.44 副露率.343
4位率 .231             立直率.193
飛び率 .024

さて、今回は弱気になって失敗したこの局面を紹介します。

東4局、親で36700点持ち。

ここまで調子がよく、

現在オーラスでトップ目です。

自分が親なので、誰かに連荘される心配もありません。

2着目は、27100点持ちの対面。

満ツモで逆転されてしまいます。

ここは、自分でアガり切るか

最悪ノーテンで流局でもいいです。

ともかく、なんとかトップを死守したいところです。

4巡目、こんな手牌になりました。



やはり調子がよく、なんと早くも一向聴。

六九が先に入ると役なしになってしまいますが、

2が入れば平和ドラ1でサクッとアガれそうです。

そこへ、上家が發をポン。

既に9もポンしていて、捨て牌を見ても

ソーズのホンイツでしょうか。

上家は、17500点持ちのラス目。

この鳴きが何点の手かはわかりませんが、

万が一上家に振っても満貫までならトップです。

ここは、ひるまず攻め込む一手です。

すると……



10巡目、六萬を引いて無事にテンパイ。

前巡に(7)を引き、1,3を落とそうとしてたところに

ちょうどタンヤオになる牌を引いた形です。

これで、タンヤオテンパイ。

もちろん、ダマテンです。

既に2枚きれていますが、

この状況ならあっさり出るかもしれません。

すると……



12巡目、下家からリーチがかかってしまいました。

そして、その一発目に引いたのがこの(3)。

下家も17700点持ちと離れた3着目ですが、

ハネ満を放銃してしまうと、トップが変わってしまいます。

上家が發をカンしているため、

ヘタに強気に出ると、万が一があるかもしれません。

ここは、リーチに合わせて安牌の(7)切りです。

恐ろしいことに、ダメ押しの三色までついています。

待ちの(4)が一巡早く切られていますが、

これでも十分勝負になるはずです。

あとは、これをアガるだけです。

すると……。



17巡目の終局間際、

ついに2着目の対面からリーチがかかってしまいました。

これは少々まずいです。

ここに振り込んだらトップ逆転するのはもちろん、

ツモられてもあっさり逆転されてしまいそうです。

もたもたしている内に、まずいことになってしまいました。

ここでアガり切れれば問題ないのですが……




しかし、そう都合良くは行かず、

リーチ一発目に8を引いてしまいました。

対面どころか、全員の危険牌です。

気合で乗り切りたいところですが、

さすがにこんな牌を一発で打ち出すわけにも行きません。

いつもこんな牌を無理やり押して、

痛い目を見ています。

仕方ありません。

こうなったら、ここは賢くオリを選択です。

とはいっても、共通安牌もないのですが……。

とりあえず、今対面が切った(6)のスジで打(3)です。

すると……



「えっ!!?」

なんと、この(3)が通らず

見事対面に放銃してしまいました。

通ると思っていたいたのですが、

引っ掛けの、(3)と六萬待ちという結果です。

やられました。

弱気になって中途半端に降りたせいで、

トップを逆転されてしまいました……。

今見ると、待ちの(4)は場に1枚、

残り3枚が下家の手の中にあり、

結局この手のアガりはありませんでした。

ですが、8は誰の手にもあたりではなく、

強気に押していれば、流局で終わったかもしれません。

上家の手も実はソーズではなく、ラス抜け狙いの發のみでした。

変に、弱気になりすぎましたね……。

大事なところで弱気になると、

ひどい結果になります。

 

まだまだ、甘々ですね…。

さて、そんな今回は全体的に成績が悪く、

結果-30ポイントという微妙な結果でした。

次回こそ、大勝ち出来るよう頑張りたいと思います。

投稿日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

押川雲太朗HP

押川雲太朗公式サイト

押川雲太朗

1965年生まれ。漫画家。麻雀漫画を多数執筆しています。現在は「麻雀小僧」と「Let’s Go なまけもの」を執筆中。


押川雲太朗先生の下でアシスタントをしている謎と申します。
天鳳やってます」を担当しています。
毎回やらかしてしまうヘボヘボなブログですが、良かったら見てください。
目標は四段R1800で特上卓に行くことです。