天鳳やってます(153) 

です。


今回も、天鳳で東風戦を10回打ちました。


今回の成績は………

(2),(2),(4),(4),(1),(2),(3),(4),(4),(2)と

4回ラスと、ひどい成績でした……。


前回は良い成績だったのに、凄まじく微妙な成績です。


通算成績は以下のとおりです。


  四段 790/ 1600pt R1755
1位率 .287 対戦数   1090  和了率.243
2位率 .218 平均得点 +2.51 放銃率.154
3位率 .262 平均順位  2.43 副露率.344
4位率 .232             立直率.193
飛び率 .023


さて、今回はうかれて失敗したこの局面を紹介します。


東4局、23800点持ちの北家。


現在、オーラスで3着目です。


とはいえ、微差3着目。


2着目が24000点で、ラス目も21100点と

競り合っています。


トップ目は、31100点持ち。


7700をアガれば、トップです。


少しでも振り込めばラスになってしまう点差ですが、

のんびり眺めてるわけにも行きません。


この局で、一気に決めたいと思います。


7巡目、こんな手牌になりました。







絶好の(4)を引き、好形の一向聴です。


まだまだ手替わりもあり、この手なら期待出来そうです。


ドラが八萬で、このままだとリーチ平和ドラ1で3900か、

リーチ平和ドラ1一盃口で7700という手になりそうです。


とりあえず、東切り。





すると、早速下家の親に鳴かれてしまい、まずい状況です。


あまり下家に対してアシストしたくないのですが、

この状況では前に進むしかありません。


そこへ、9巡目ドラの八萬を引きました。


一瞬迷うツモですが、ドラなだけに

ここは九萬を切って、タンヤオを目指したいと思います。



ドラを頭に固定し、まさかのドラポンにも構えられる形です。


準備は万全です。


後は、この手をテンパるだけです。





すると、11巡目、(6)を引き待望のテンパイ。


四萬を切って、五八待ちテンパイ、間違いありません。


自信満々で、リーチ!!





「ん……?リーチ…?」


なんだか自分でしておきながら違和感を感じます。


必死に指を折り、数える私。


タンヤオ、平和、ドラ2……。


なんと、ダマテンでも7700十分逆転できる手です。


しかも、自分で3枚使っているドラスジの五、八。


とても出にくそうなリーチです。


テンパイしたことにうかれて、

無駄なリーチをしてしまいました…。


しかし、これでもアガれないとは限りません。


自分のツモる山にいてくれれば、文句なく逆転トップです。


しかし……。





あれから7巡、もう終盤間際で

まったくツモることはありません。


さらには親に暗槓までされて、ぐいぐい来ています。


そして、ついにはハイテイツモ。


このまま流局で、次局に持ち越しかと思っていると……







最後に引いた7が通らず、

親に大放銃してしまいました……。


ハイテイもついて、トイトイダブ東ドラ1ハイテイの18000点です。


不要なリーチをして、ひどい結果になってしまいました…。


とほほ。



親の待ちは、7と五萬のシャボ。


待ちの五萬を殺されてしまっています。


さらには、八萬も対面の手に対子であり、

結局、この手のアガリ目はありませんでしたね…。


終盤、対面が五萬を引いて降りていたのですが、

リーチをかけなければ、まだ可能性はあったかもしれません。


テンパイしたらリーチしてアガる、というのはカッコいいですが

気持ちだけでは、アガるのは難しいですね…。


まだまだです。



さて、今回は全体的に不調で-160という負けっぷり。


せっかく増えたレートも、またさがってしまいました。


次回は、プラスで終われるように頑張りたいと思います。

 

投稿日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

押川雲太朗HP

押川雲太朗公式サイト

押川雲太朗

1965年生まれ。漫画家。麻雀漫画を多数執筆しています。現在は「麻雀小僧」と「Let’s Go なまけもの」を執筆中。


押川雲太朗先生の下でアシスタントをしている謎と申します。
天鳳やってます」を担当しています。
毎回やらかしてしまうヘボヘボなブログですが、良かったら見てください。
目標は四段R1800で特上卓に行くことです。