天鳳やってます(16)

です。

今回も5回打ちました。

成績は(4)、(1)、(1)、(2)、(2)でした。

最初にラスをとってしまいましたが、

おおむね好調な回でした。

通算成績は以下の通りです。

  1級 0 / 100pt R1654

1位率 .262 対戦数    80  和了率.261

2位率 .275 平均得点 +4.22 放銃率.150

3位率 .287 平均順位  2.37 副露率.362

4位率 .175             立直率.220

飛び率 .012

ようやっと1級にあがりましたが、

一時期はR1500台になったりと

レートが相変わらず安定しません。

何とかR1700台に昇れるよう頑張りたいと思います。

さて今回はこの局面です。

ひどいのをやらかしました。

現在ラス目のオーラス、親です。

ここまで手が悪くて、何も出来ず

このオーラスもあまりいい手ではありません。

 


 

4順目に(8)を引いてやっと一面子。

ここから、一通を考えて(5)切り。

その後五、7と引いて

さらに(4)を引いてこの形になりました。


ここで、仕方なく

唯一イーシャンテンの形に取れる打赤(5)。

9順目に7を引いて

リーチ。


ご覧のように

何故か赤(5)と(5)を切って(4)が頭になっている

リーチになってしまいました。


結果は、流局でしたが

こんなことやってるから勝てないんでしょうかね。



~押川雲太朗より~

私なら第一打で9切りなので

まったく違う手になっていて

ちょっと解説が難しいです。

ただ、あれほど形の悪い手で

(4)(5)赤(5)の形から

(5)を外すのは驚きです。

(4)(4)赤(5)の形から(4)を外して

両面に固定するのならわかりますが、

これはちょっとひどいです。

逆に(4)(4)赤(5)、467889の形から

イーシャンテンになるとはいえ、

赤を切ったのは驚きですが…。

謎は配牌からあるソーズの46889を

結局一枚も落とさず

たまたま7を2枚引いて聴牌しましたが、

このような効率の悪い打ち方では

中々アガれないでしょう。

もう少し序盤の効率のいい打ち方を考えてください。

 

投稿日:2018年9月21日 更新日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

押川雲太朗HP

押川雲太朗公式サイト

押川雲太朗

1965年生まれ。漫画家。麻雀漫画を多数執筆しています。現在は「麻雀小僧」と「Let’s Go なまけもの」を執筆中。


押川雲太朗先生の下でアシスタントをしている謎と申します。
天鳳やってます」を担当しています。
毎回やらかしてしまうヘボヘボなブログですが、良かったら見てください。
目標は四段R1800で特上卓に行くことです。