天鳳やってます(21) 

です。

今回も5回ほど打ちました。

成績は(3),(3),(2),(3),(2)と

3着と2着の繰り返しで、

どうにも調子が上がらない回でした…。

通算成績は以下の通りです。

  二段 420 / 800pt R1775

1位率 .295 対戦数    105  和了率.263

2位率 .257 平均得点 +6.07 放銃率.150

3位率 .285 平均順位  2.31 副露率.379

4位率 .161             立直率.206

飛び率 .009

さて、今回はこの局面です。

東2局、23500点です。




ここに、(9)をツモって

打(5)。

押川

「何で(5)を切ったのですか」

「こうすれば、何を引いても

役あり聴牌になるからです。」

押川

「そうですね。」


すると2順後、二を引いて聴牌。

一切りリーチです。

押川

「平和のみはリーチしないけど、

カンチャンのイーペーコーのみは

リーチするんですね。

「はい。」

押川

「場に1枚切れていてもですか。」

「はい。」

押川

「待ち牌があと2枚しかなくてもですか。」

「当然です」

押川

「(5)が引っ掛けになっているからですか。」

「そうです。

いかにも出そうじゃないですか。」

押川

「なるほど。

でも、(8)が出てこなかったら

ドラも無いし、

かなり寒いリーチですね。」

「このぐらいツモるから大丈夫です。」


結局、下家に仕掛けられて

放銃しましたが

安い安い。

 

3200点ぐらい、貸しといてやりますよ。

~押川雲太朗より~

若いっていいですね。

その調子でイーペーコーリーチを

バンバンかけちゃってください。

私は怖くて出来ません。

投稿日:2018年9月21日 更新日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

押川雲太朗HP

押川雲太朗公式サイト

押川雲太朗

1965年生まれ。漫画家。麻雀漫画を多数執筆しています。現在は「麻雀小僧」と「Let’s Go なまけもの」を執筆中。


押川雲太朗先生の下でアシスタントをしている謎と申します。
天鳳やってます」を担当しています。
毎回やらかしてしまうヘボヘボなブログですが、良かったら見てください。
目標は四段R1800で特上卓に行くことです。