天鳳やってます(25)

です。

今回も5回打ちました。

成績は、(2),(3),(4),(4),(3)と

ラスと3着ばかりの

ひどい成績でした…。

 

変にひよったり、

迷った挙句に高い手に放銃する、

ということが多いようです。

通算成績は以下の通りです。

  二段 540 / 800pt R1790

1位率 .280 対戦数    125  和了率.254

2位率 .280 平均得点 +5.90 放銃率.144

3位率 .280 平均順位  2.32 副露率.367

4位率 .160             立直率.203

飛び率 .016

前回からRが1800を超え、二段。

目標の四段でR1800以上が目の前です。

この調子で頑張ります。

さて、今回はこの局面です。

東2局、親、原点。

トップとは12000点差ですが、

この親次第でまだまだわからない局面です。


5順目に早くもイーシャンテンから

(3)をツモりました。

頭候補の対子が7と(4)の二つ。

聴牌するために一番早い形を維持するためには

この二つの対子を外すわけにはいけないと思い、

(3)をツモ切りました。

すると、次のツモがなんと赤(5)。


終盤、カン七をツモり

何とか聴牌しましたが、


次順、もう一度七をツモり


対面の七単騎に当たってしまいました。

最近、あまりヘマをやってなかったのに

今回はなんか言われそうです。

~押川雲太朗より~

待ってましたよ。

こういうひどい麻雀。

(3)をツモった局面は、

7切りでいいんじゃないんですか。

謎は聴牌のためには

使えるドラも切るという打ち方なようなので

もしそうならば、(4)切りでも良いのですが…。

基本的にこの手は

マンズのカンチャンを何とかしなければ

アガりにくい手です。

五、六、七、八を引けば

頭が出来る形があるので

そこで頭を作れば良いのではないですか。

少し、直線的に行き過ぎましたね。

親でアガりたい気持ちが強すぎたのかな。

あまりこねくり回すような打ち方は

感心しませんが、

流石にドラや三面張

大切にしたほうがいいです。

それと、平和のみ以外

何でもリーチをモットーとしているのだから

この局面もリーチしなきゃダメじゃない。

アガれるとは思えないけど、

ここでリーチしなければ、

ちぐはぐな麻雀になってしまいますよ。

三段を目指して頑張ってください。

投稿日:2018年9月21日 更新日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

押川雲太朗HP

押川雲太朗公式サイト

押川雲太朗

1965年生まれ。漫画家。麻雀漫画を多数執筆しています。現在は「麻雀小僧」と「Let’s Go なまけもの」を執筆中。


押川雲太朗先生の下でアシスタントをしている謎と申します。
天鳳やってます」を担当しています。
毎回やらかしてしまうヘボヘボなブログですが、良かったら見てください。
目標は四段R1800で特上卓に行くことです。