天鳳やってます(33) 

です。

どうにも、調子が良くありません。

無理にトップを狙うよりも、

ラスを取らないように気をつけたいところですが…

今回も5回打ったところ、

成績は(4),(3),(2),(4),(1)でした。

あれれ?

一応ラスには気をつけて打ったのですが…。

ダメダメですね。

通算成績は以下のとおりです。

  二段 510/ 800pt R1713

1位率 .260 対戦数    165  和了率.247

2位率 .290 平均得点 +4.12 放銃率.141

3位率 .254 平均順位  2.38 副露率.372

4位率 .193             立直率.196

飛び率 .024

さて、今回はまたもや飛びラスを食らった

この局面を紹介したいと思います。

東2局一本場、北家、21000点持ち。

ここまで(4),(3),(2)とイマイチな成績を残してしまい、

しかもそのほとんどが何も出来ず仕舞いでした。

3回も打って、アガれたのは2回だけです。

しかも、3900と5200だけです。

完全に不調なのですが、諦めるわけには行きません。

何とかここから巻き返したいところですが…。

こんな配牌が来ました。

 

ドラはニです。

悪くない配牌ですが、

やはり調子が悪いこともあって不安でいっぱいです。




8巡目、親のリーチがかかりました。

これに打ったらラス確定です。

しかし、自分の手もいいので

引き下がるわけには行きません。

ドラの二を引いたら即リーしたいところですが…

数順後、こんな牌を引きました。




雀頭候補の(5)です。

既に対面が親の現物のニを捨てており、

ニは残り1枚しかありません。

ここからドラのニを頭にするのには少し無理があります。

しかし、そのドラを切ってしまうと

今度は点数がなくなってしまいます。

最悪、平和のみの1000点です。

 

ここは、最低でもタンヤオがつく(2),(5)のリーチ、

あわよくばドラを引いて三面張のリーチ!

と少しでも点数を高くしたいところです。

ということで、打(1)。

もう、こうなったら引くに引けません。




次順、を引きました。

本来ならば、ニを切るのがいいのでしょうが、

どうしても「ドラを頭にしてリーチ!

というとんでもなく都合のいい思いが

頭から離れません。

かといって雀頭の(5)も切れません。

ツモ切ります。

すると次順、6が来ました。

「あ…あれ???

何を切るのがいいんだ?」

少し、動揺してしまいました。

今冷静になってみれば、

ここでこそ二萬を切るべきだったのですが…

「えーと、えーと…

ドラ引きを考えて、ツモ切り…?

あ、いや三色…?三色になるとしたら

345、いや、234…?あ、あれ…?

234だとしたら、さっき切った七萬が……」

もういつものパニック状態です。

手広くすることなど目もくれず、

三色のことばかり気にしてしまいます。

最後の最後まで迷いましたが、

結局打(5)という中途半端な打牌をしました。

おそらく、まだドラ引きを考えているのと

裏目の三を引いてもフォロー出来る、

と思ったのでしょう。

すると次順…



まさかの三萬引きです。

立派なフリテン聴牌をしました。

もう、こうなったらヤケクソです。

無謀なフリテンリーチをかけました。

三色にはなりませんでしたが、

もしこれをアガれば2000・4000で

一気にトップを狙えます。

こうなったら引いてやる!という気持ちでツモると……

危険牌の(9)を引き、速攻で親に放銃してしまいました。

12000点の放銃です。

大怪我をしました。

ヤケクソのフリテンリーチは

決まればカッコいいですが、

大抵は良くない方向へと転んでしまう、

ということですね……。

結局、この回は最後まで粘りましたが、

5700点しかないオーラスで、

6000オールを引かされてしまい、

見事にぶっ飛びました。

これで2ラスです。

この日はずっと調子が悪かったので、

途中で降りるという選択肢も

あったかもしれませんが…

やはり、私ではあの好形の牌姿だと

なかなか降りることは出来ません。

まだまだ修行不足ですね。

今回は、やっと最後に1回だけトップを取れましたが

まだまだ成績は良くないです。

 

ラスを取らないように気をつけたつもりですが…

こんな迷ってばかりのボロボロの闘牌では、

ラスをとるのも無理はありません。

少しでも、マイナスを減らすように

頑張りたいと思います。

 

投稿日:2018年9月21日 更新日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

押川雲太朗HP

押川雲太朗公式サイト

押川雲太朗

1965年生まれ。漫画家。麻雀漫画を多数執筆しています。現在は「麻雀小僧」と「Let’s Go なまけもの」を執筆中。


押川雲太朗先生の下でアシスタントをしている謎と申します。
天鳳やってます」を担当しています。
毎回やらかしてしまうヘボヘボなブログですが、良かったら見てください。
目標は四段R1800で特上卓に行くことです。