天鳳やってます(35) 

です。

今回も、5回打ちました。

成績は(3),(1),(3),(1),(4)で

ようやく少しまともな成績になりました。

通算成績は以下のとおりです。

  二段 530/ 800pt R1697

1位率 .257 対戦数    175  和了率.243

2位率 .285 平均得点 +3.73 放銃率.143

3位率 .262 平均順位  2.39 副露率.369

4位率 .194             立直率.191

飛び率 .022

さて、今回はこの局面です。

東3局、親、36300点。

トップ目の対面とは6800点差、

3着とは2万点差以上もあります。

とりあえず、余程のことが無い限り

3着にはならなそうです。

親なので、何とか連荘したいところですが…。

こんな配牌が来ました。




形は重いですが、ホンイツにもなりそうです。

更に、対子が多いということもあって、


序盤から、いきなり仕掛けてしまいました。

少し焦ったかもしれません。

しかし、こうなったらアガりに向かって

突っ走るだけです。

 



すると、

途中で、何の気も無しに残しておいた

(3)が重なりました。

本当は、ホンイツに行きたかったのですが…

こうなったら、親なので

点数よりも連荘することを考えて

トイトイを狙いに行きます。

冷静です。

いや、冷静なのか、怖がっているのか

よくわかりません。


 

すると、これも調子よく鳴け

あっという間に聴牌。

あとはアガり牌が出るのを待つだけです。

すると………

下家からリーチがかかりました。

「へっ、リーチ棒が無駄になるだけだぜ。

トイトイのみで流してやる!」

と意気込みますが、

内心はビクビクです。

もし一発で危険牌を引いたらどうしよう、

と怖がっていると…

一発で危険牌を引きました。

しかし、これを切らないとなったらベタオリです。

しかし、下家のリーチは

マンズを1枚も切ってない聴牌…。

降りる牌なんて、ありません。

仕方ないので、押します。


 

 

アッサリと一発放銃をしてしまいました。

メンタンピン一発一盃口三色ドラ1……

なんと、倍満です。

あれほど無いと思っていた3着に落ちてしまいました。

麻雀は恐ろしいですね…。

しかし、あんな四を一発で引くとは……。

結局、この回は3着に終わりました。

36000点も持っていて、3着に落ちるとは…。

無様ですね。

今回のこの局面はアガることに必死になって

少し焦ったかもしれません。

じっくり行けば、アガることは

出来なかったかもしれませんが

倍満放銃は防げたかもしれません……。

焦って何かを失敗する、というのが

どうにも最近多いです。

勝てなくなって余裕が無くなってきたのでしょうか…。

それはそうと、今回は少し短かかったですかね…?

何はともあれ、次も頑張ります。

 

投稿日:2018年9月21日 更新日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

押川雲太朗HP

押川雲太朗公式サイト

押川雲太朗

1965年生まれ。漫画家。麻雀漫画を多数執筆しています。現在は「麻雀小僧」と「Let’s Go なまけもの」を執筆中。


押川雲太朗先生の下でアシスタントをしている謎と申します。
天鳳やってます」を担当しています。
毎回やらかしてしまうヘボヘボなブログですが、良かったら見てください。
目標は四段R1800で特上卓に行くことです。