天鳳やってます(42)

です。

今回も5回打ちました。

成績は、(3),(4),(1),(2),(4)で

何ともう~ん……な成績でした。

毎回、好成績とはいかないようです…。

通算成績は以下のとおりです。

  二段 570/ 800pt R1664

1位率 .266 対戦数    210  和了率.246

2位率 .257 平均得点 +3.14 放銃率.145

3位率 .261 平均順位  2.42 副露率.366

4位率 .214             立直率.191

飛び率 .023

ポイントがそれほど減ってないだけ

まだマシですかね…?

さて、今回は逆転を狙って

失敗したこの局面を紹介します。

オーラス、南家、21500点。

東1局に、アガれる手を逃してしまい、

ここまで放銃もありませんが

アガりもなくジリ貧状態の点棒です。

2着目とは2400点差、

トップとは21100点差で

トップを狙うには最低ハネ満が必要です。

ほぼトップは諦めていましたが……。

こんな配牌が来ました。




おおおおお…!

なんと13枚中10枚が筒子+字牌です。

しかも、中が暗刻。

これはもう、混一色に向かうしか無いでしょう。

こんな配牌を貰ったら我慢できません。




そして3巡目、こんな形になりました。

白と、(9)を引き入れ

早くも一向聴です。

しかし、(9)というのが微妙です…。

(7)ならば、最適な一向聴にとれたのですが……。

このままでは、白を鳴いても

カン(7)という何とも微妙な形になってしまいます。

う~ん、それはどうなのでしょうか……。

いえ、こうなったら

好牌を引き入れて、

自力でメンホンテンパイを狙います。

そして見事トップ逆転をしてみせます。

まだ3巡目でこの形、

そのぐらいのワガママは許されるはず……

十分、時間はあるはずです。

すると……




ん?(9)?

上家から(9)が出てきました。

え~と……

混一色(2)+中(1)+ドラ(1)…

もしこの(9)を鳴いてしまったら、

天鳳ルールでは、7700点

逆転には、程遠いです。

しかも、待ちがカン(7)。

ダメです、ダメダメ。

こんなのはスルーです。

まったく、空気の読めない牌を出します。

その後も、闘牌をしながら

考えます。

「え~と、逆転するには倍ツモか

ハネ直が必要…。

混一色(3)+中(1)+白(1)+ドラ…。

何とか白を引くのが最低条件か…。

それとも、リーチ?うーむ…」

ご丁寧に初心者のように

指を折りながら数えます。

しかし……

ん、んん??!

 

なんて余計なことを…!

6巡目に、対面から出た(7)を

上家にポンされてしまいました。

これでは、尚更カン(7)待ちなんて取れません。

なんてひどいことを…。

まったく、この上家

余計なことしかしません。

こうなったら、(2)、(4)などを引いて

何とか両面以上にしたいところですが……。

何だか、雲行きが怪しいです。

そして……


何も出来ずに

11巡目、ついに上家にアガられてしまいました。

ああ、3巡目のあんな一向聴がアガれないとは……

悔しいです。

これにより、私は3着になってしまいました。

あの(9)を見逃して以来、

ぱったりと手が進まなくなりました。

やはり、愚形テンパイでも

あの(9)は鳴いておくべきだったのでしょうか…。

というより、あの局面で

トップを狙うというのが

無謀だったのでしょう。

本当はずっと2着狙いだったのに、

良い配牌が来て、

少し調子に乗りすぎたかもしれません…。

3巡目のメンホン一向聴でも、

2着覚悟で鳴くべき局面でしたかね。

難しいです。

ところで………。

このオーラス、アガったのは親です。

そうです、実は、あともう一局ありました。

そのオーラスがどうなったのかと言うと……

 

こんな、ツモり倍満の逆転手をテンパっても

サクっと流されてしまいました!

(お前はタミーか!)

く、くやし~~……

こんな大奮闘の闘牌でも、

3着は3着です。

悔しさを引きずったのか、

この後もボコボコになりました……。

ここで勝ち切っておけば、

上手く調子に乗れたかもしれないだけに

残念ですね。

今回は波瀾万丈でしたが、

結果は-30ポイント。

次回こそ、アガれずとも動揺せず

好成績を残せるように頑張りたいと思います。

 

投稿日:2018年9月21日 更新日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

押川雲太朗HP

押川雲太朗公式サイト

押川雲太朗

1965年生まれ。漫画家。麻雀漫画を多数執筆しています。現在は「麻雀小僧」と「Let’s Go なまけもの」を執筆中。


押川雲太朗先生の下でアシスタントをしている謎と申します。
天鳳やってます」を担当しています。
毎回やらかしてしまうヘボヘボなブログですが、良かったら見てください。
目標は四段R1800で特上卓に行くことです。