天鳳やってます(47)  

です。

今回は、吉報です。

今回も5回うって、

成績は(2),(2),(2),(1),(1)で

+110ポイントで好調な回でした。

そうです、ということはついに……

三段昇格です!

ここまで、ずいぶん長かったように感じます。

通算成績は以下のとおりです。

  三段 640/ 1200pt R1743

1位率 .272 対戦数    235  和了率.247

2位率 .255 平均得点 +3.62 放銃率.139

3位率 .272 平均順位  2.40 副露率.358

4位率 .200             立直率.189

飛び率 .021

レートも安定し、

成績ものぼり調子です。

この調子で、

四段までノンストップで行きたいですね。

なんて調子に乗った発言をすると

二段に降格しそうで心配ですが…。

 

さて、今回は全体的に調子は良かったのですが、

いまいち攻めきれず、

2着終了という結果が多かったです。

その中から、この局面を紹介したいと思います。

東4局、2本場、供託1本、23500点持ち。

僅差の3着目です。

オーラスなので、アガって勝負を決めたいところです。

場に2本場と、供託リーチ棒があるので

5200点で見事トップに立てます。

しかし、天鳳では

オーラス終局時に誰も3万点以上持っていなければ

サドンデスで続行、というルールもあるので

軽いアガりで次局へ行くのも十分有りです。

こんな配牌が来ました。



ドラは五萬です。

いきなり、配牌四対子で良い形です。

この手格好なら、七対子やトイトイだけでなく

平和にもなるかもしれません。

ツモに期待できます。


すると、第一ツモからいきなりの(9)対子。

なんと、1巡目から七対子一向聴です。

幸先が良いですね。

これで、七対子はもちろん、

七引きや6、9引きで平和系の手も考えられます。

ところで、その前の

上家のいきなりのオタ風北ポンが気になります。

1巡目にいきなり鳴くということは、

既に手の中に役があるのでしょうか…。

何にせよ、少し警戒が必要です。

役牌は出さない方がいいかもしれません。

すると…


4巡目、今度はドラの五をポンします。

突然きな臭くなってきました。

これで、上家はドラ4。

役はわかりませんが、

打ったら当然ラスです。

もしかしたら、対々まであるかもしれません。


すると、7巡目

私は暗刻の8をツモりました。

こうなると、少し迷います。

元々、平和か七対子で

静かに聴牌したかったのですが、

暗刻が増えると対々になってしまいます。

しかも、その場合

(3),(5),7など刻子にするのにはキー牌が多く、

あまりポン出来そうな牌ではありません。

むしろ、6,9を引いた方が

使いやすかったかもしれません…。

迷ったのですが……

結局、打六萬で対々、七対子狙いに構えました。

理由としては、上家が仕掛けているので、

こちらも対々を本線に構え、

仕掛けたほうが良いのでは、という理由と

(9)、7を引いたら一盃口のみで聴牌できる、

という理由です。

(あとは私がトイトイ大好き人間という理由があります。)

いずれにしても、

ここで対子系の手に狙いを定めるつもりです。




すると、すぐに(9)が出てきました。

もちろん、ポン。

こんな聴牌を取る必要はあまりありませんが、

流局まで出なかった時のこと考え

一応聴牌に取ります。

しかし、やはりキー牌の(3)(5)7はまったく出てきません。

すると…


ここで、4枚目の(9)を引きました。

余計なドラを増やしたくありませんが、

ツモが増える、ということと

まさかのリンシャンツモの可能性を考えてカン。




もちろん、そんな漫画みたいなことは

起こるわけもなくツモ切り。

そして、新ドラは北です。

ほっ、ヘタに数牌にドラが乗らなくて良かっ……

んっ?北?

あっまずい!

そうです、最初に北を鳴いた上家がいました。

その上家に、まるまるドラを乗せてしまいました。

なんと、鳴いてるだけでドラ7

倍満確定です。

こうなったら、もう最大限の警戒をします。

ですが、その直後…




白を引いた下家が上家にロンです。

やはり、役牌でした。

申し訳ないことをしました、下家さん。

許してください…。

でも、私がカンしなくても

ドラ4で結局ラスでしたけど…。(屁理屈)

この放銃で、私は運良く2着になれましたが

なんとも恐ろしげな倍満です。

これはたまたま、下家が白を掴んだたけで

私が倍満を放銃しても何らおかしくありません。

そういうこともふまえ、運が良かったですね…。

そして、上家はすごい仕掛けです。

最終的には役牌のバックとは…

今見ると、初順の北の鳴きは

とんでもなくバラバラの形から鳴いています。

ドラが対子なので、役牌が重なればいい、

というぐらいの半分ブラフの仕掛けだったのでしょうか…。

何にせよ、すごい仕掛けですね。

それでアガり切ってしまうのが、

もっとすごいところですが…。

やはり、私が変に(9)をポンしたからでしょうか。

あの鳴きの時点でアガり目はほとんど無く、

(5)が山に1枚だけ、という

ひどい状態でした…。

七対子に狙い撃つのが、正解だったのかもしれません。

難しいですね。

今回は、+110ポイントで

念願の三段に昇格。

目標の、R1800、四段がやっと近づいてきました。

(一時は本当に初段に落ちるのかとビクビクしてましたが…)

ですが、やはりここからまた先は長そうです。

気を引き締めて、頑張りたいと思います。

 

投稿日:2018年9月21日 更新日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

押川雲太朗HP

押川雲太朗公式サイト

押川雲太朗

1965年生まれ。漫画家。麻雀漫画を多数執筆しています。現在は「麻雀小僧」と「Let’s Go なまけもの」を執筆中。


押川雲太朗先生の下でアシスタントをしている謎と申します。
天鳳やってます」を担当しています。
毎回やらかしてしまうヘボヘボなブログですが、良かったら見てください。
目標は四段R1800で特上卓に行くことです。