天鳳やってます(52)  

です。

今回の成績は、(4),(4),(2),(4),(3)で

ラスばかりのボロボロの成績でした…。

世間はクリスマス一色ですが、

そんなこと関係なしに私は負けまくります。

どうも、打ち筋が雑になって

打たなくてもいい牌まで打って放銃、

というパターンが多いようです。

通算成績は以下のとおりです。

 

  三段 610/ 1200pt R1711

1位率 .265 対戦数    260  和了率.243

2位率 .257 平均得点 +3.27 放銃率.139

3位率 .273 平均順位  2.41 副露率.355

4位率 .203             立直率.194

飛び率 .019

 

3度のラスで、ポイントが激減してしまいました。

 

う~ん、

何だかまだまだ減りそうな雰囲気ですね……。

 

さて、今回はボーとしていて

無様な放銃をしたこの局面を紹介します。

 

東3局一本場、北家、36400点持ち。

 

現在、トップです。

 

今までは調子が悪かったのですが、

最後の回にようやくアガれるようになり、

この点数です。

 

ですが、2着目が30800点と

すぐに追いつかれてしまいそうな点数です。

 

しかも、親。

 

何とか、長引く前に

軽く流したいところですが……

 

こんな配牌が来ました。



形が重く、あまり良い形とは言えません。

 

ですが、既に2面子。

 

手が進んでも役は付きそうにありませんが、

こうなったらリーチのみでも流したいところです。

 

すると……

6巡目、役牌の發を対子にし、一向聴。

 

發はドラ表示牌に1枚見えてますが、

これが鳴ければ役アリでサッと流せそうです。

 

しかし……

実は、対面の南家が回線切れで、ずっとツモ切り状態。

 

「…もしこの残り1枚の發が対面の手にあるのなら、

この手は永遠にアガれないかもしれない…。」

 

そんなことをふと考えますが、

誰かから出てくることを祈ってジッと我慢。

 

しかし、やはりこの發がなかなか出てきません。

 

場に何も動きがないまま、

早くも10巡が過ぎます。

 

すると…

10巡、11巡と

連続で(8)をツモり、(8)が対子となりました。

 

場にソーズはやや高いです。

 

こうなったら、対子のツモに期待して

配牌からくっつかない

79のソーズを払います。

 

しかも、もしかしたら、

ピンズのホンイツになるかもという期待が…。

 

おっとっと、いくら僕でもそこまで強欲ではありません。

 

ここは、發のみの1000点で十分です。

 

まあ、赤(5)でも引こうものなら

勢い良く八の対子落としをするかもしれませんが。

 

打7。

すると、次順対面がツモ切った赤五を

下家が勢い良くポン。

 

ずいぶん順目が遅いですが、

ようやく動きを見せました。

 

そして、親から出た牌が(8)。

 

鳴けば、聴牌できますが、

依然として發の行方はわかりません。

 

しかし…

「もう場は12巡目、

既に一鳴きで親が聴牌しているかもしれない…

後付けでも、鳴いて対抗しないと

間に合わないのかもしれない…。」

 

そんな考えが頭をよぎり、

とっさにポン!

 




これで聴牌です。

 

打9。

 

なんとか發が出てくるのを祈るばかりですが、

それも難しいでしょう……。

 

すると……

なんと、捨てた9を親がチーです。

 

まだテンパッていないどころか、

役がよく分からない鳴きです。

 

恐らく、役牌が本線でしょう。

 

この時点で残っている役牌は、

東とドラの中で、どちらも当たりそうな牌です。

 

どちらも、もし引いてきたなら降りです。

途中、対面が中をツモ切りしましたが、無反応。

 

ということは、残る役牌は東のみです。

 

東さえケアをしていれば、

とりあえずは大丈夫そうですね。

 

ツモってきた2をツモ切り。

「んっ、ポン?

 

何故か上家にポンをされますが、

気にしません。

 

喰いタンか何かでしょうか。

 

あまり気にせずツモると赤5。

 


普段ならこの順目にこんな危ない牌なんて、

怖くて切れませんが

下家が役牌仕掛けということはわかっています。

 

「この赤5が、下家にアタる可能性は…。

一通だとしても、1は場に4枚。

789の三色だとしても、

(9)と九が3枚見えていて、薄いはず。

残るは役牌の東のみ、鳴いて聴牌されるかもしれないが…

これは通るはず!

 

と、意気揚々にツモ切りすると……

 

「ロン。」

なんと、まったく気にしていなかった上家にロン。(気にしろ!)

 

「し、しまった…!親にばかり集中しすぎて

全然見てなかった…!

まあ、そんな高いことはないだろう…。

それにしては、何だか捨ててるソーズが少ないような…

あっ!?」

 

そうです、やっと気づきました。

なんとトイトイ、タンヤオ、清一色ドラ1で

倍満です。

 

「確かにタンヤオだけど……

た……高すぎる~~!

 

全く気にしていなかったせいで、

無様すぎる放銃をしてしまいました…。

 

なんとも、恥ずかしいですね…。

 

この倍満放銃により、3着。

 

次局のオーラスも何もできず、

そのまま3着となってしまいました……。

 

上家の清一色の可能性に気づかないというのは、

ずいぶんとボーっとしていましたね…。

 

親を流すことに集中しすぎてて、

他家の河を見る余裕が無くなっていたようです。

 

それにしたって、鳴いた時点で

気づきそうなものですが……。

 

猪突猛進とは、このことですね。

今見ると、あと1枚の發は

本当に対面の手の中にあります。

仕掛けた時点で、アガりはありませんでした。

それよりも、アガろうとして

無理に鳴かなくても良かったかもしれません。

 

トップなので、そこまで焦らなくとも

じっくりと打っていれば、

また違った結果になったのかもしれませんが……。

 

調子が悪かったこともあり、ラス続きで

気づかない内に焦りが生まれていたのでしょう。

 

こんな放銃をしているようでは、

まだまだ先は長そうです……。

 

さて、今回は痛い目を会い

-140ポイント。

 

レートも、下がってしまいました。

 

実は、来週の天鳳ブログは、

ちょうど元旦。

 

「一年の計は元旦にあり」ということで、

悪い結果にならないよう、

精一杯頑張りたいと思います。

 

……もし、5連続ラスなんて引いたら

ひどい1年になりそうですね。

投稿日:2018年9月21日 更新日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

押川雲太朗HP

押川雲太朗公式サイト

押川雲太朗

1965年生まれ。漫画家。麻雀漫画を多数執筆しています。現在は「麻雀小僧」と「Let’s Go なまけもの」を執筆中。


押川雲太朗先生の下でアシスタントをしている謎と申します。
天鳳やってます」を担当しています。
毎回やらかしてしまうヘボヘボなブログですが、良かったら見てください。
目標は四段R1800で特上卓に行くことです。