天鳳やってます(53)

です。

新年あけましておめでとうございます。

今年もダメダメな麻雀を続けていきますので

どうかよろしくお願いします。

さて、今回も5回打って、

成績は(1),(1),(4),(1),(1)で

トップ4回という好成績でした。

今回は、調子が良かったようです。

通算成績は以下の通りです。

  三段 720/ 1200pt R1711

1位率 .242 対戦数    265  和了率.246

2位率 .252 平均得点 +3.85 放銃率.138

3位率 .267 平均順位  2.40 副露率.352

4位率 .203             立直率.195

飛び率 .018

さて、今回は欲を出して

失敗したこの局面を紹介します。

少し短いかもしれませんが、ご容赦ください。

東2局、親、22400点持ち。

ここまで、トップ2連勝で

勝ち上がってこれました。

東1局に、2600点の放銃をしてしまいましたが

まだまだこれからです。

こんな配牌が来ました。


形が重く、端牌が多いです。

親なので、こんな手でも、

いいツモに期待です。




すると4巡目、こんな形になりました。

立て続けに対子となる牌を引き、

二向聴。

そこへ、赤ドラの五を引いてきました。

ドラが一なので、このリャンカン形は切れません。

7の受けは668の形でいいと思い、

打9。




次順、あっさりとカンニを引きます。

ツモの調子は良いみたいですが、

このまま行っても役なしです。

もし、テンパっても

リーチするか迷うところですが……。

四、六のツモに期待して

打8。


するとまた次順、

今度は赤が対子となる五ツモです。

どうやら、場は対子場みたいです。

こうなったら、

対子のツモに期待したいところです。

今きられたペン(3)を嫌う意味でも、

打(1)。




するとすると次順、

嬉しい牌を引きました。

ドラの一です。

これで、形はトイトイとなり

仕掛けても役のある形になりました。

しかも、ドラ対子入り。

破壊力抜群です。

これは、私が一番好きな形です。

しかも、四暗刻リャンシャンテンでもありますが…。

おっと、それはやりすぎですかね。

対子が暗刻になったら、

ドラを切ってツモり三暗刻を……。

う~ん…まだ巡目も早いし

もったいないかも…(迷うなよ!)

迷いがない形になるよう、

鳴きトイトイを狙いたいところです。

すると…




今まで場に動きがありませんでしたが、

8巡目の中に反応し、対面がポンしました。

向かってくるなら、

抑えきれず対子の牌が出てくるかもしれません。

そうなったら、容赦しません。

18000で玉砕してやります。


すると、次順ツモが五。

これで、ツモり三暗刻の聴牌ですが…。

リーチの場合、切るのはドラで

しかもロンでは旨味がありません……。

ここは、一向聴に戻し、
鳴いて役のある形か、

もしくは四暗刻まで臨みたいところです。

まだ9巡目、周りも遅そうですし……

そのチャンスは十分にあるはずです。

打、三。

すると……




「ロン。」

へっ?

と、とっくに張ってるし~~~!!

やっぱり変な欲を出さずに

ドラ切りリーチで正解だった~!

新年早々、

蛮勇を振るい続けてますね……。

この放銃は2600点だけでしたが、

この後波に乗れず、

結局ラスになってしまいました……。

素直にリーチしておけば

また違った結果になっていたかもしれません。

まだ、順目に余裕があると思ってましたが

対面はとっくにテンパっていました。

見事に玉砕されてしまいました。

実は、よく見たら対面の捨て牌は

2巡目に手出しで四萬、

8巡目に中ポン、手出し二萬切りでした。

ということは、手牌の中に

一ニニの形があって

中ポンで打二萬、

一ニのペン三萬待ち、

ということが読み取れたかもしれません…。

あ、でも

ドラが対子で

一一ニの形から打ニ、

ドラ対子待ちということも十分ありえました……。

そうしていたら、今度はドラ切りでアウトです。

う~~ん。捨て牌から読むのは

まだまだ難しそうです…。

下手くそは、

何も考えずのリーチが強いってことですかね…。

さて、とはいえ今回はトップ4回で

+110ポイント。

大きく前進しました。

今年も、この調子で

ヘタクソなりに、頑張っていきますので

よろしくお願いします。

投稿日:2018年9月21日 更新日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

押川雲太朗HP

押川雲太朗公式サイト

押川雲太朗

1965年生まれ。漫画家。麻雀漫画を多数執筆しています。現在は「麻雀小僧」と「Let’s Go なまけもの」を執筆中。


押川雲太朗先生の下でアシスタントをしている謎と申します。
天鳳やってます」を担当しています。
毎回やらかしてしまうヘボヘボなブログですが、良かったら見てください。
目標は四段R1800で特上卓に行くことです。