天鳳やってます(55)  

です。

今回も、5回打ちました。

成績は………

(3),(3),(3),(4),(4),という

とんでもなくひどい成績でした。

何も出来ないまま終わってしまうことが

多いみたいです。

やはり、いつも好調というわけには行きませんね……。

通算成績は以下の通りです。

  三段 720/ 1200pt R1736

1位率 .272 対戦数    275  和了率.245

2位率 .250 平均得点 +3.44 放銃率.140

3位率 .272 平均順位  2.40 副露率.352

4位率 .203             立直率.192

飛び率 .021

さて、今回は何故かアガりを逃した

この一局を紹介します。

東2局、4本場、リーチ棒供託1本、

19700点持ちの南家です。

やはり、調子が悪く

何も出来ないままツモられ続きで

この点数です。

4本場と、供託リーチ棒があるので

何とかアガりたいところですが……。

こんな配牌が来ました。




一面子と赤があり、悪くない配牌です。

これもまた、どこまで伸びるか期待したいところです。




しかし、第一打のニを

対面のトップ目にいきなりポンされます。

いきなり仕掛けるということは、

早い手なのか、

それなりの手が入っているのでしょうか。

何にせよ、注意が必要です。


すると6巡目、ツモ切りの北も

速攻で鳴かれます。

(全然注意してない!)

しかし、私の手も一応一向聴。

スピードでは負けていません。

このままカン六が入ったなら即リー、

カン六の愚形聴牌になったら

一向聴戻しもアリかもしれません。




9巡目に6をツモります。

 

ここで、打九萬。

こうすれば、六だけでなく

八の受けも増えます。

ただ、そうなると

ソーズは完全に頭で固定となってしまいますが……。


すると次順、5をツモりました。

ここで、何を思ったのか

なんともう一度打九萬

赤を切るのが嫌で、

カン八を嫌ったのでしょう。

あわよくば、三色、もしくは一通にならないかと

少々無茶な欲を出しています。




数順後、面子となる7を引きました。

打6。

しかし、これで先ほど頭にするといったソーズが面子となり

頭が無い形になってしまいました。

なのに、九の対子落としなどしています。

やっていることが、支離滅裂ですね…。

その間にも、対面に鳴かれ、

さらに手が進んでしまっています。


すると次順、聴牌となるドラの(6)を引きました。

しかし、聴牌にとった場合

赤五か七の単騎待ち聴牌。

さすがに、そんな待ちでは

リーチはかけられません。

役なしで単騎待ちの聴牌にとるなら、と思い

ここで打(9)をし、一向聴に戻しました。

カン六をそのまま引いたらいいですが、

ピンズが頭となっても良いです。

というより、まだ三色に未練たらたらです。

すると……




14巡目、さすがにモタモタしすぎたのか

他家からリーチが入りました。

ああ、もうこれで降りなのか…

などと思っていると…




次順、なんと綺麗にカン六を引いて聴牌。

やっと、待ちに待った形になりました。

こうなったら、自信満々でリーチです。

しかし、なんてことはありません。

九の対子落としと、2巡目の(2)とで

既に2回もアガリ逃しをしています。

さすがに、3回目のチャンスは来ず……


リーチしたすぐ後に、

下家にリーチ一発をツモられてしまいました。

裏2で、ハネ満です。


せっかくの勝負手を、

ひどい打ち回しで潰してしまいました…。

手に三色ができているのに頭が無く、

対子が河に捨てられているという

なんともヘッポコな牌譜ですね。

しかも、よく見ると、

どれほどボーとしていたのか、リーチの受けを

フリテンの(2),(5),(8)で受けています……。

注意力散漫にも、ほどがありますね。

結局、この後も何も出来ず、

放銃を繰り返してしまい、

ラスになってしまいました…。

今回は、こんなひどい打ち方ばかりでした。

おかげで、-100ポイント。

すんなり昇級とは行きませんね。

何とか失ったポイントを増やせるよう、

次回も頑張りたいと思います。

 

投稿日:2018年9月21日 更新日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

押川雲太朗HP

押川雲太朗公式サイト

押川雲太朗

1965年生まれ。漫画家。麻雀漫画を多数執筆しています。現在は「麻雀小僧」と「Let’s Go なまけもの」を執筆中。


押川雲太朗先生の下でアシスタントをしている謎と申します。
天鳳やってます」を担当しています。
毎回やらかしてしまうヘボヘボなブログですが、良かったら見てください。
目標は四段R1800で特上卓に行くことです。