天鳳やってます(56)  

です。

今回も、5回打ちました。

成績は(4),(1),(4),(2),(1)と

トップ、ラスばかりの成績でした。

通算成績は以下の通りです。

  三段 710/ 1200pt R1737

1位率 .275 対戦数    280  和了率.245

2位率 .250 平均得点 +3.50 放銃率.139

3位率 .267 平均順位  2.40 副露率.352

4位率 .207             立直率.191

飛び率 .021

まだまだすんなり行きそうにはないですね…。

さて、今回は押しすぎて失敗したこの局面を紹介します。

東4局、26500点持ち、北家。

対面が同じく26500点持ちで、

トップが31500点持ち。

その差は、5000点。

一アガリ出来れば、逆転出来そうな点差ですが……。

こんな配牌が来ました。


面子もなく、アガりに行くのには

少し時間がかかりそうな配牌です。

一応、一通の目も見えていますが
これもまた遠く厳しそうです。

せめて、ドラを引いて両面ターツを作りたいところですが……。

6巡目、こんな形になりました。




両面と、面子ができ、多少は良い形になりました。

何とか、一通の目も見えます。

しかし、6巡の間に

上家と対面に仕掛けられています。

こちらも、降りることは出来ません。

中をツモ切り。


今度は、トップ目の下家も鳴きます。

みんな、アガりに向かっていますが、

私の手はまだまだ追い付きそうにありません。

すると……


9巡目、面子となる五を引きました。

その間にも下家がチー、上家が大明槓と

皆バタバタと仕掛けています。

もう、聴牌気配ぷんぷんというところですが

未だに私は一向聴です。

しかも、迷いが残る形です。

単純に一向聴に取るなら7切りですが、

ドラの受け入れが無くなり、

最終形も悪い形になります。

ドラの受け入れを残すなら、ピンズ切りですが

その場合二向聴となり、

余計に追いつかなくなります。

ここで、私は一通を狙って7索を切りました。

もう、ソーズは捨てる心構えです。

(2),(5)を引いたらいつも通り

強気でリーチ!と行くつもりですが

最悪は、鳴いて2着を取りに行く、

というのもアリかもしれません。

しかし、次順……。


「ゲッ、しまった!」

なんとモロに裏目のドラの6を引いてしまいました。

こうなってしまっては、心も手牌もちぐはぐです。

「降りるか…?いや、しかし、攻めればトップもあるし…

降りていても、どうせ3着だし……。」

といつものように迷いまくります。

しかし、先ほど7を切ったばかりで、

こんな6を置いていてもしょうがありません。

攻めるためには、ツモ切りです。

目をつぶって、ツモ切りをすると………。


上家の、3,6のノベタンにドンピシャリです。

見事、放銃してしまいました。

白ドラ三つで満貫です。

これで、私はラスに落ちてしまいました。

やはり、降りておくべきでしたかね………。

しかも、今、よく見ると

6巡目の時点で、対面は混一色を張っており、

待ちが(1),(4)です。

ピンズを外そうとしたら、

これまたドンピシャリです。

がんじがらめですね……。

無理に攻めようとしたら、

どちらかに振る状態でした。

調子の悪いときは、

無茶をしない方がいい、ということですね…。

降りていたら、また違った結果になっていたかもしれません。

難しいですね。

さて、今回はトップラスの連続で

結果-10ポイント。

あまり、調子良く行きませんね…。

最近は、どうにもマイナス続きです。

次回こそ、プラスで終われるよう

頑張りたいと思います。

投稿日:2018年9月21日 更新日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

押川雲太朗HP

押川雲太朗公式サイト

押川雲太朗

1965年生まれ。漫画家。麻雀漫画を多数執筆しています。現在は「麻雀小僧」と「Let’s Go なまけもの」を執筆中。


押川雲太朗先生の下でアシスタントをしている謎と申します。
天鳳やってます」を担当しています。
毎回やらかしてしまうヘボヘボなブログですが、良かったら見てください。
目標は四段R1800で特上卓に行くことです。