天鳳やってます(57)  

です。

今回も5回打ちました。

成績は、(1),(3),(3),(3),(1)と

3着ばかりの成績でした。

ラスがない分だけ、まだマシでしょうか。

通算成績は以下の通りです。

  三段 790/ 1200pt R1737

1位率 .277 対戦数    285  和了率.246

2位率 .245 平均得点 +3.67 放銃率.140

3位率 .273 平均順位  2.40 副露率.351

4位率 .203             立直率.192

飛び率 .021

 

なかなか、ポイントが増えませんね……。

さて、今回は手を安くして失敗したこの局面を紹介します

東2局、親、32700点。

 

東1局に、7700をアガり、

現在トップ目。

 

調子は、良いようです。

 

こうなったら、連荘して追加点が欲しいところです。

こんな配牌が来ました。

面子も無く、愚形だらけですが

勢いに任せて強気に行くつもりです。

6巡目、やはりツモがいいのか

要の(7)、ドラのニと引き

いい形になりました。

 

まだ、タンヤオでは仕掛けづらいですが

ドラ3ということもあり、点数は十分です。

 

こうなったら、この手でトップを決めたいところです。

 

打8。

すると9巡目、今度は八を引きました。

 

これなら、九の対子落としで

タンヤオで仕掛けられる手になります。

 

打九萬。

 

できたら、門前で行きたいのですが、

鳴ける牌が出てきたら容赦なく仕掛けるつもりです。

 

しかし、6が出てきたら赤5を切ることになってしまい

少し悩むところです……。

出来ればドラが鳴けたらいいのですが、

そこまで上手く行けるかはわかりません。

 

最悪は、ドラ2だけになってしまうかもしれません。

すると………

10巡目、八が出てきました。

 

もちろん、ポン。

 

これで一向聴です。

ドラが出てもいいし、(2),(5)、

4、7が出てきてもチーテンに取ります。

 

「さあ、早く鳴ける牌を出せ!」と意気込んでいると…

今度は、対面から対子の6が出てきました。

 

先ほど、迷うと言った形です。

 

これを鳴くと、赤を切り

11600点が5800点になってしまいます。

 

「確かに鳴ける牌だが、微妙に違う!」

と、また迷ってしまいました。

見送るべきか、とも思いましたが………

しかし、突然

「聴牌に取れる牌は聴牌に取るという戦術もある。」

という言葉を思い出してしまい、

とっさにポン!

打赤5。

 

これで、5800の聴牌です。

 

誰も仕掛けないこの状況では、

グズグズして、点数にこだわるより

親が先にテンパれば

他家はスピードでは追いつけない……はず……

と、思いたいところです。

すると、下家がチー。

 

そして、出てきたのがドラの二萬です。

 

「お、遅い!」

なんとも、タイミング悪く出してくれます。

 

もう、頭が固定しているこの形では

鳴いたら単騎待ちになってしまい、鳴けません。

 

しかも、(3)は既に捨ててあるので

(4)単騎のみ。

 

もったいないですが、

とても鳴ける牌ではありません。

 

仕方なく、見送り。

その内、(2)(5)が出てくれるだろう……

と期待しますが、一向に出てきません。

そして……

「ロン!」

14巡目、5を引き、

見事に振ってしまいました……。

 

点数的には、2600点のみですが

ショックは絶大です。

しかも、よく見ると

下家が(2)(5)をゴッソリ持っています!

 

く、悔しいぃ~。

さらに場をよく見ると、

(5)を1枚対面が持っており、

(2),(5)待ちは(2)が2枚だけ、という

悲惨な状況でした……。

結局、(2)(5)待ちでは、上がり目はなかった、

ということになります。

 

単騎待ちの方が、アガりやすいとは

皮肉ですね……。

 

しかも、あとで見てみると、6をポンしなければ

上家がツモ切った4が、入っていました。

 

赤を切らずに聴牌、

ということも出来ました…。

 

どちらにせよ(2)(5)待ちですが、

赤を切る形にはならず、下家のチーも無くなり、

振る結果にはならなかったかもしれません。

 

珍しく、欲を出さないでいたら

失敗してしまいました…。

 

難しいですね。

さて、今回は3着と1着の繰り返しですが、

+10ポイント。

 

じわりじわりですが、ポイントが増えつつあります。

 

減るときは、一気に減るかもしれませんが

地道に前進出来るよう、次回も頑張りたいと思います。

 

投稿日:2018年9月21日 更新日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

押川雲太朗HP

押川雲太朗公式サイト

押川雲太朗

1965年生まれ。漫画家。麻雀漫画を多数執筆しています。現在は「麻雀小僧」と「Let’s Go なまけもの」を執筆中。


押川雲太朗先生の下でアシスタントをしている謎と申します。
天鳳やってます」を担当しています。
毎回やらかしてしまうヘボヘボなブログですが、良かったら見てください。
目標は四段R1800で特上卓に行くことです。