天鳳やってます(6) 

です。

今回の成績は

(4),(2),(1),(3),(4)という結果でした。

大きな手に何度か当たってしまい、

ラスを2回とってしまいました。

あんまり調子が良くないみたいです。

通算成績は以下の通りです。

    5級 0 / 60pt R1532

1位率 .233 対戦数    30 和了率.232

2位率 .266 平均得点 +0.80 放銃率.167

3位率 .300 平均順位 2.46  副露率.380

4位率 .200          立直率.212

飛び率.033

 

さて、今回はこの局面です。

現在ラス目で、三着の親とは1200点差、

トップとは18500点差です。



4順目に来た七をツモ切りました。

押川 「?…何で七切ったの?」

謎   「三色を狙っていました。」

押川 「何で三色なの?かなり遠いし。

謎   「トップを狙うためです。」

押川  ?…トップまでは倍ツモだよ。

     ドラの無い678の三色じゃ

     ツモっても満貫じゃない。」

謎   「………………。」

とにかく三色を狙っていたんです。

トップを取るために。


 

だから、下家からリーチが入ったこの局面でも

一発で7をツモ切ってやりました。

これには先生も

飛び上がって驚いていました。

押川 「その手は面子候補が一つ多い形で

    回るのでも、アガろうとするのでも

    西の対子落としを

    しなければならない形だろ。

    それじゃ、差し込んで

    早く終わりたい人にしか見えないぞ。」

違います。僕は、三色をアガって

トップを取ろうと思っていたのです。

結果、放銃せず



下家が3000・6000をツモあがり

3着の対面が親かぶりになりました。

ほらー、ラス抜け出来たじゃなーい!

~押川雲太朗より~

本当にこの手でトップを狙うのならば

四暗刻とか、七対子を考えるべきです。

その意味で、七切りはおかしいです。

もう少し考えて打ちましょう。

それと、ラス目だからと言って

何でも切ればいいというものではありません。

このゲームは初段以下は

ラスにペナルティはありませんが、

Rも下がりますし、

不可能なトップより

目に見えている三着を目指すという選択も

時には必要です。

でも、偶然ラス抜け出来て良かったね。

投稿日:2018年9月21日 更新日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

押川雲太朗HP

押川雲太朗公式サイト

押川雲太朗

1965年生まれ。漫画家。麻雀漫画を多数執筆しています。現在は「麻雀小僧」と「Let’s Go なまけもの」を執筆中。


押川雲太朗先生の下でアシスタントをしている謎と申します。
天鳳やってます」を担当しています。
毎回やらかしてしまうヘボヘボなブログですが、良かったら見てください。
目標は四段R1800で特上卓に行くことです。