天鳳やってます(65) 

です。

今回も、5回ほど打ちました。

成績は………(3),(2),(2),(1),(1)

と中々の好成績でした。

通算成績は以下の通りです。

  三段 860/ 1200pt R1765

1位率 .276 対戦数    325  和了率.244

2位率 .255 平均得点 +3.61 放銃率.143

3位率 .258 平均順位  2.40 副露率.355

4位率 .209             立直率.188

飛び率 .021

 

さて、今回は手を狭めて失敗した

この局面を紹介します。

 

東3局、29400点持ち、西家。

 

現在、2着目です。

 

トップ目は36600点で、7200点差。

 

オーラス前なので、少しでも加点して局を進めたいところですが…。

こんな配牌が来ました。

あまり良くない形です。

 

高くもならなそうなので、しばらくは傍観か…

と思っているところです。

しかし、意外にもツモが上手く進み、

なんと4巡目にして早くも聴牌。

 

ツモる牌が、すべて有効牌という形です。

 

しかし、待ちはカン四萬で役なし。

 

ここでもまた迷いました。

 

「思い切ってリーチしてみるか…。

いや、まだ順目も早いし…

リーチしても、1300点だし……。」

 

結局、2を打ってダマテンに構えました。

 

両面になる牌を引いたら、

順目も早いので2000点でもリーチをするつもりです。

 

もしくは、ドラ付近を引いても一向聴に戻すつもりです。

 

とにかく、少しでも点数が欲しいところです。

2巡程ダマテンにしていましたが、ここで七を引きました。

 

六を引いたら、フリテンになってしまう七萬です。

 

これでもうダマテンにしていても、

あまり意味がないかもしれません。

 

「ここら辺が潮時か……。」

 

と思い、急に勢い良くツモ切りリーチ。

 

やや優柔不断気味なリーチです。

 

これで、少しでも他家の動きが遅れてくれればいいのですが……

 

しかし…

 

「ゲッ!」

 

なんと、いきなりリーチ一発目に

対面に四萬をまるまるカンされてしまいました。

 

「し、しまった…」

 

これで、もうアガり目はありません。

 

他家がカラテンリーチに踊らされて、

流局になることを願うばかりです。

 

(この手牌を晒すのは、相当恥ずかしいですが…。)

 

しかし、そうそう上手くは行かず

やはりカンをした対面はバンバン来ます。

 

ついに、13巡目にリーチをかけられてしまいました。

 

せめて、安牌を引いて流局になってくれ~

と祈りますが…

17巡目、当たり牌の1を引き放銃してしまいました…。

 

暗槓もあり、5800点の放銃です。

 

放銃してしまいましたが、

恥ずかしい手牌を晒さずに済んだので

結果オーライですかね?(違うだろ!)

結局、この放銃により3着で終局してしまいました…。

 

やはり、リーチせずに回していた方がよかったですかね…。

 

そうすれば、四萬カンにも対応でき、

少なくとも放銃せず済んだはずです。

 

リーチをするのなら、

最初にテンパった時点でしておけば良いのですが

それをしないのなら、しばらくは回した方が良かったかもしれません。

 

やはり、優柔不断ですね……。

ですが、今回は調子が良かったみたいで

ようやく好成績を残し、+100ポイントで終局。

 

次回も、この調子で頑張りたいと思います。

 

投稿日:2018年9月21日 更新日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

押川雲太朗HP

押川雲太朗公式サイト

押川雲太朗

1965年生まれ。漫画家。麻雀漫画を多数執筆しています。現在は「麻雀小僧」と「Let’s Go なまけもの」を執筆中。


押川雲太朗先生の下でアシスタントをしている謎と申します。
天鳳やってます」を担当しています。
毎回やらかしてしまうヘボヘボなブログですが、良かったら見てください。
目標は四段R1800で特上卓に行くことです。