天鳳やってます(73) 

です。

今回も、天鳳で東風戦を5回ほど打ちました。

成績は……(1),(1),(4),(2),(3)という結果でした。

少しずつですが、良くなっていっています。

通算成績は以下の通りです。

  三段 1020/ 1200pt R1763

1位率 .276 対戦数    365  和了率.245

2位率 .246 平均得点 +3.33 放銃率.141

3位率 .271 平均順位  2.40 副露率.360

4位率 .205             立直率.185

飛び率 .019

さて、今回はハンパに攻めて失敗したこの局面です。

東4局、22400点持ち、北家。

オーラスですが、点数もあまりなく3着目です。



ここまで手は悪くなかったのですが、

どうもあと一歩でアガれず、チャンスを掴めません。

このオーラスもアガれなければ、

3着目で確定してしまうので、攻めるしかありません。

トップ目との点差は9100点差なので、

決して逆転出来ない点差ではありません。

こんな配牌が来ました。




やはり、手は悪くありません。

後はこの手がどこまで素直に伸びてくれるかに期待です。




6巡目、ツモも良く、ピンズと赤(5)を引き、

早くも好形の一向聴です。

ピンズの形が良く、先にマンズが来ても

ピンズの(1),(4),(7)、(2),(5),(8)を引いても満貫の聴牌です。

これならば、意外にもあっさり勝つかもしれません。

こうなったら四、七を引き、ピンズの三面張を一発でアガり

ウルトラハネ満スペシャルを炸裂させるしかありません!

2巡以内にテンパってやります!

しかし………




「あ、あれっ?」

テンパるにはテンパりましたが、期待はずれの六萬ツモです。

もし聴牌にとるなら

赤ドラを切ってリーチすることになり、待ちはペン(3)。

しかも2600点のみです。

これではたとえトップ目から直撃しても

逆転することは出来ません。

さすがにこれではリーチに踏み込めません。

仕方なく、ツモ切り。

すると…




同順、対面が三をチー。




さらに次順、一をポン。

捨て牌から見ても、マンズの染め手の匂いがぷんぷんします。

少々、まずいです。

こうなったら一刻も早くテンパってしまうしかありません。

すると…




「だから違う!」

今度は、11巡目に五萬を引いて聴牌。

さっきから、微妙にずれています。

しかし、先ほどの六ツモとは違い、

五なら赤五が出ない形です。

リーチを打てば、5200。

直撃ならギリギリで逆転出来る点数です。

一瞬、これもツモ切りしようかと思いましたが

こんなものをツモ切りしていたら、

染め手にぶつかってしまうかもしれません。

かといって、リーチを打つ場合の六も危険です。

迷いましたが……

これ以上、引き伸ばせないと思い、リーチ!

すると……




見事、対面のマンズチンイツに放銃してしまいました……。

うーん、オーラスにトップ目のマンズチンイツを食らってしまうとは…

中々に情けないですね。

この放銃により、見事ラス。

少々突っ込みすぎましたかね……。

マンズが切れない、というのなら

バランスを取って(1)切り当たりで

回しておくのも良かったかもしれません。

 

最終形がマンズになってしまうとアガりにくいですが、

少なくとも放銃には回らずに済んだはずです。

 

トップ目の待ちは三,六で、

高め狙いで五をツモ切りしていたら

放銃していなかったという結果でした。

結果的にハンパな六切りリーチだと放銃というのも、

難しいです。

 

まだまだ、特攻隊員として甘いようですね…。

さて、今回はこのラスが一回だけで

比較的好調な回でした。

 

結果、+40ポイントで終局。

 

ついに、1000の大台に乗りあと180ポイントで

昇格のところまで来ました。

 

長かった三段生活もそろそろ終わりか、

もしくは600ポイントぐらいまで落ちるかのどちらかですね。

 

次回も、何とかポイントを減らないように頑張ります。

投稿日:2018年9月21日 更新日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

押川雲太朗HP

押川雲太朗公式サイト

押川雲太朗

1965年生まれ。漫画家。麻雀漫画を多数執筆しています。現在は「麻雀小僧」と「Let’s Go なまけもの」を執筆中。


押川雲太朗先生の下でアシスタントをしている謎と申します。
天鳳やってます」を担当しています。
毎回やらかしてしまうヘボヘボなブログですが、良かったら見てください。
目標は四段R1800で特上卓に行くことです。