天鳳やってます(74) 

です。

今回も、東風戦を5回ほど打ちました。

成績は……。

(3),(2),(4),(1),(3)と、どうにもハンパな成績でした…。

うーん、停滞していますね。

通算成績は以下の通りです。

  三段 1020/ 1200pt R1759

1位率 .275 対戦数    370  和了率.245

2位率 .245 平均得点 +3.18 放銃率.141

3位率 .272 平均順位  2.40 副露率.359

4位率 .205             立直率.185

飛び率 .018

さて、今回は考えすぎて失敗したこの局面です。

東1局、1本場、北家で原点。

まだ、始まったばかりですが

下家の親が東1局に12000点をアガり、早くも突き抜けそうです。

まだ東一局なので、そこまで焦る必要はありませんが

出来れば勢いを少しでも止めたいところです。

こんな配牌が来ました。




パッと見では、あまりよくなさそうです。

しかし、下の三色や

マンズの染めが見えないこともない配牌でもあります。

どちらも遠そうですが、ツモに期待するしかありません。




すると3巡目、早くも親が仕掛けます。

しかも、九萬のポン。

一体、何をやっているのでしょう。

九切りの三切りなら、マンズのホンイツは無さそうですが

恐らく本線は役牌の後付けでしょう。

何にしても、少し警戒が必要です。

そして、私の手は八、六を引いて

マンズの染め手気配プンプンな手になりました。

こうなったならば、もうマンズチンイツに行くしか無いでしょう。

ダマ12000を直撃させて、親を撃沈させてやります。

そして、親の鳴きでいいツモになったのか…




次順に一をツモ、




さらに次順にニツモと、

気持ち悪いぐらいにマンズばかり引きます。

どうやら、マンズの波を引いたようです。




そして7巡目、この七を引きました。

早くも、好形のマンズチンイツの一向聴です。

九は親に鳴かれていますが、

この引きなら十分行けます。

ニニニ三四 六六六七八なんて面白い形は

そうそう見れません。

これは、是非ともアガりたいところです。

打(4)。

すると……。




この(4)も、チーして、打赤5。

これで、ほとんど役牌の後付けで決定です。

私の手牌にある東も、十分当たる可能性があります。

そうなったら、こちらも

東単騎か東を引いて対子にするかしかありません。


もしくは、既に役牌が暗刻で

他のところで待っている場合があります。

何にしても、東はあまり切りたくないところです。

すると……。




次順、私もこの東を引きました。

少々、意外な感触です。

これにより、頭の中がスーパーフル回転しだします。

もしこれがアタリだとしたら、この手は

九が鳴かれているということもあり、七八を落とす一手です。

上手く行けば、三暗刻まで付きます。

そこまではわかっているのですが、

これが本当にアタりかは、まだ自信が持てません。

残っている役牌はあと東と中があります。

中の役牌ということもありえますし、

もしかしたらまだ張っていないかもしれません。

そして、この手の点数的なことを考えた場合、

東を頭にするということはチンイツがホンイツになり、

大幅に点数が下がってしまいます。

鳴きも考慮した場合、

とんでもなく安くなってしまうかもしれません。

ツモ切ってチンイツに行った方が

爆発力は上なのですが……。

微妙な選択です。

ずいぶんと長く悩んでしまっています。

「え~と…残ってる役牌はあと東と…中と…

ん~微妙だな……ツモ切っても案外アタらないかもしれないし…、

ダマテンハネ満スペシャルをお見舞いしたいところだけど…、

ん~~どうしよう……

ん~ん~ん~…………。」




「ん?

あっ!

そうです。

時すでに遅し。

 

気づいたときには、時間切れ

ツモってきた東をそのままツモ切られてしまいました。

どうやら、残り3秒の秒針も聞こえないほど

頭がスーパーフル回転していたようです。

ポンコツですね。

そして、こんな打牌が見逃してもらえるわけもなく……。




見事、親に後付けのダブ東で振ってしまい、

5800点の放銃でした……。

う~ん、あと2秒ぐらいあれば

きっと放銃を回避していたはずなのに……。

時間はキビシイですね。

この放銃により、後半もアガることが出来ず、

何よりも心のダメージが大きく、

結局は3着で終わってしまいました……。

時間切れで放銃は、心にきますね…。

それにしても、ダブ東とは言え3巡目に九ポンとは、

下家もずいぶんと大胆なことをします。

おかげで色々と悩んでしまいました。

そして、残る役牌の中は対面の手の中、という結果でした。

色々と、惑わされてばっかりです。

う~ん、やはり悩み過ぎは良くないということですかね…。

というより、はじめから切る牌を決めておくべきですね…。

やはり、どんなときでも時間に余裕を持って

行動出来るようになりたいものですね…。

さて、今回はマイナスで始まりましたが後半で何とか盛り返し、

結果±0ポイントという結果でした。

う~~ん。1mmも前に進んでいません。

それどころか、レートが下がり、状態は悪くなる一方です。

そろそろ、ドカっと三連勝ぐらいをかっさらいたいところですが……。

欲を言えば、五連勝ぐらいをかっさらいたいのですが…。

それは、さすがに難しいですかね。

次回も、せめてプラスになれるよう頑張りたいと思います。

投稿日:2018年9月21日 更新日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

押川雲太朗HP

押川雲太朗公式サイト

押川雲太朗

1965年生まれ。漫画家。麻雀漫画を多数執筆しています。現在は「麻雀小僧」と「Let’s Go なまけもの」を執筆中。


押川雲太朗先生の下でアシスタントをしている謎と申します。
天鳳やってます」を担当しています。
毎回やらかしてしまうヘボヘボなブログですが、良かったら見てください。
目標は四段R1800で特上卓に行くことです。