天鳳やってます(80) 

です。

今回も、5回ほど打ちました。

今回の成績は………

(4),(2),(2),(2),(1)と、3回連続2着と粘っこく耐え続けています。

最初のラスは、見なかったことにしてください。

通算成績は、以下の通りです。

  三段 610/ 1200pt R1688

1位率 .262 対戦数    400  和了率.240

2位率 .245 平均得点 +1.85 放銃率.144

3位率 .272 平均順位  2.45 副露率.355

4位率 .220             立直率.183

び率 .020

ついに80回目となる今回ですが、

やはり成績は悪いままです。

まずは、レートを1700代に戻すところからですかね……?

さて、今回は見事放銃してしまったこのシーンです。

南1局、2本場、25300点、西家、供託リーチ棒5本

誰も3万点を超えることなく、ずるずると長引き

ついには、前局に四家立直が出てしまい、

供託リーチ棒が5本もある、という状況です。

現在、微差のトップ目ですが、状況は緊迫しています。

ラス目は20200点持ちの対面ですが、

親ということもあり、5800点以上の手作りをすればトップです。

それ以外は、1000点でも間違いなくトップという状況です。

なんとしても、ここでアガりたいところですが……。

こんな配牌が来ました。




並びは悪く無さそうです。

これなら、平和のみでもツモに期待して、

まっすぐ手を進めたいとおもいます。

7巡目、私の手牌はこんな形になりました。



ツモが良いようで、すでに平和の一向聴です。

アッサリ六、九か、(1)(4)が入ってくれるのを祈るばかりです。

しかし……



同順、上家が8をポン。



次順、私の(5)もポンをします。

ドラの(4)まで切って、真っ直ぐ攻めてきます。

もう、テンパっているのかもしれません。

私の手では、喰い仕掛けも出来そうにないので、

早く聴牌してくれないと不安ですが……。




そして、ラス目の対面もポン。

やはり、皆攻めてくるようです。

しかし、もう場は11巡目。

既に、(1)、(4)も六,九も少なくなっています。

もしかしたら、前順の(3)を残して、

こちらもタンヤオのみで鳴き合戦に参加した方が

良かったのかもしれませんが……。

しかし、もう切ってしまった後。

この平和のみで、真っ直ぐ攻めるしかありません。




一巡の間に、六九がまた切られ

(1),(4)が残り4枚、六九も残り3枚と

何だかとても嫌な感じです。

ポンのせいで、ツモがずれたのか

一向聴になってからずっとツモ切りばかりです。

そこで13巡目に、私はこの1を引きました。

場にはソーズはあまり出ておらず、しかも147は1枚も出ておりません。

何だか、若干嫌な感じもしますが………。

対面はタンヤオ。

上家もおそらくタンヤオでしょう。

ならば、この1が当たることはないはずです、多分。

強気に、ツモ切ると………。




何と、対面の親に放銃。

しかも、南が暗刻で隠れ役牌(?)です。

タンヤオかと思っていましたが、見事に騙されました。

悔しいです。

点数的には2900点ですが、供託リー棒も合わせて

親は8500点の収入です。

しかし、これだけではまだギリギリ終わりません。

まだ何とか3万点には超えていないので、

次局に続きがありますが……。




その次局も、勝負手で放銃してしまい、

結局ラスで終局してしまいました~~!

(平和のみでどこが勝負手じゃ~!と言いたい所ですが、

入り目が1で、前順まではタンヤオ平和三色の一向聴でした…。)

う~ん、途中まではトップだったんですが……。

一度放銃すると、放銃のスパイラル状態です。

どうも、負けが込んでおり、

トップを取る、という意識があるみたいで

その結果放銃してばかりです。

抑えるように言われているのですが、

前のめりに倒れてばかりです。

やはり、途中で降りていた方が良かったんですかね……。

そもそも、私が放銃しなければ、

2着で終われていたかもしれません。

(1)(4)、六九が薄くなった時点で、無理をせず

降りに回ったほうが良かったのでしょう。

2着狙いというのも、難しいですね……。

さて、そんな今回ですが

トップを取りたい感情を我慢し、抑えた結果2着の連続。

何とか、+20ポイントで終われました。

次回も、この調子で頑張りたいと思います。

投稿日:2018年10月10日 更新日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

押川雲太朗HP

押川雲太朗公式サイト

押川雲太朗

1965年生まれ。漫画家。麻雀漫画を多数執筆しています。現在は「麻雀小僧」と「Let’s Go なまけもの」を執筆中。


押川雲太朗先生の下でアシスタントをしている謎と申します。
天鳳やってます」を担当しています。
毎回やらかしてしまうヘボヘボなブログですが、良かったら見てください。
目標は四段R1800で特上卓に行くことです。