天鳳やってます(82) 

です。

今回も、5回ほど打ちました。

成績はと言うと………

(2),(4),(4),(3),(2)と、やはりあまりよろしくない成績です。

とにかく、トップがほとんど取れません……。

毎度言い訳がましいですが、

一応、本気で打っています。

通算成績は以下の通りです。

  三段 330/ 1200pt R1653

1位率 .256 対戦数    410  和了率.238

2位率 .243 平均得点 +1.10 放銃率.144

3位率 .270 平均順位  2.47 副露率.357

4位率 .229             立直率.180

び率 .021

さて、今回はヘボ闘牌でド派手に放銃してしまった

このシーンを紹介したいと思います。

東3局、親、26300点。

既に東3局ですが、ここまで大きな展開もなく

皆平たいままです。

現在、一応微差のトップ目ですが

まだまだ油断は出来ません。

この親で、ドカっとアガってトップを決めたいところです。

こんな配牌が来ました。




牌姿はあまりよくありませんが、

既にダブ東があり、鳴ければ早そうな手です。

満貫とまでは行けませんが、

2000オールぐらいをサクっとツモって、連荘したいところです。




三巡目、下家が早くも發を一鳴き。

捨て牌を見ると、ソーズのホンイツまであるかもしれません。

何にせよ、警戒です。




七巡目、私の手牌はこんな形になりました。

どうにも東が出てきません。

そうしている内に、マンズの回りが伸び、こんな形になってしまいました。

マンズのホンイツに行けないことも無いですが、

さすがにそこまで強欲ではありません。

最終形がピンズの(3),(6)でも構わないので

早くテンパリたいのですが、東は出てきません。

そして、白をツモって来てしまいました。

場には、1枚も出ておりません。

ここで白を出して、鳴かれてしまったら相手の思うツボです。

まだ、東も出ていないのに

こちらも気軽に役牌を場に出すわけにも行きません。

ここは、少し抑えたいところです。

打(5)。

いえ、決してホンイツに行こうと思っているわけではありませんよ。

きっと。




下家が加槓、上家がチーと

周りは積極的に仕掛けてきます。

下家の加槓によって、新ドラが九になり、

一気にドラ3ダブ東の勝負手になりました。

これは、攻めるしか無いでしょう。

そこへ、ツモって来たのが中です。

これも、場に1枚も見えていない役牌ですが

もうこうなったら抑えるわけには行きません。

勢いよくツモ切ります。




すると、下家がポン。

誰かがポンするかもしれないとはおもいましたが、

まさか下家とは。

「ん?何だか嫌な鳴きをしてるけどまさかな………。」

發、中とポンしてきて

何だか嫌な気配もしますが多分気のせいでしょう。

發中だけの2000点かもしれません。




さらに対面も鳴き、皆勝負に来ているようです。

私も降りるわけには行きません。

元々、そこまで絞るつもりもなく置いておいた白です。

 

もちろん、手が進まなければ、出したくはありませんが

手が進めば、容赦なくぶった切るつもりです。

そこへ、上家が打(3)。

みんなが仕掛けている、ということもあって

もうこれを鳴かないと間に合わないかもしれません。

こうなったら、スピード勝負です。

九でも、東でも、ニ、五でも四でも鳴ける牌は何でも鳴いて

聴牌に取りたいとおもいます。

というわけで、勢い良くチー!

打、白。

すると………




「ゲ、まさか放銃してしまった。

小三元………?ま、まさか………」




「ゲゲ―!」

そう、そのまさかです。

高めの白に放銃してしまいました。

まさかの、大三元放銃です。

ヘボヘボと思ってましたが、まさかここまでとは。

發中とポンしているのに、白を躊躇なくぶった切り

しかも、両面を鳴いても自分はまだ一向聴。

度胸もここまで来ると自滅行為と変わりません。

この放銃で、もちろんトビ。

一気に、ラスに転落してしまいました。とほほ……。

先生は、マルジャンで運悪く人和に放銃してしまいしたが

これは、別に運が悪いとかではなく、

単なる不注意です。

不注意どころか、ただ単に落とし穴に向かって

自ら落ちていっただけです。

今までも、三元牌を二つ鳴いているところに

残りの一つを無謀に出すことはありましたが、

やはり、何回も同じことを繰り返していたら

いずれは大怪我する、ということですね……。

最近はどうもこういう間違った攻めをしているような気もします。

少しは、引いて、周りを見た方がいいということですね……。

さて、今回もあまり調子は良くなく

結局-80ポイントで終局。

全然、+になりません。

1000ポイントもあった頃が嘘のようです。

次回こそ、少しでも取り戻せるように

頑張りたいとおもいます。

投稿日:2018年10月10日 更新日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

押川雲太朗HP

押川雲太朗公式サイト

押川雲太朗

1965年生まれ。漫画家。麻雀漫画を多数執筆しています。現在は「麻雀小僧」と「Let’s Go なまけもの」を執筆中。


押川雲太朗先生の下でアシスタントをしている謎と申します。
天鳳やってます」を担当しています。
毎回やらかしてしまうヘボヘボなブログですが、良かったら見てください。
目標は四段R1800で特上卓に行くことです。