天鳳やってます(95) 

です。



今回も、10回ほど打ちました。

成績は………


(1),(1),(1),(2),(4),(1),(1),(1),(3),(3),と、
10回中6回トップという好成績でした。

そして、今回で+190ポイント。

と、いうことは……



ついに、四段昇格です!

一時はどうなることかと思いましたが、
無事四段に昇格することが出来ました。

非常に感慨深いです。

通算成績は以下の通りです。

  四段 800/ 1200pt R1770

1位率 .290 対戦数    510  和了率.245

2位率 .227 平均得点 +3.04 放銃率.146

3位率 .258 平均順位  2.41 副露率.354

4位率 .223             立直率.179

飛び率 .021

 

当初の目標であった、四段という目標に、
ついに追いつきました!

 

しかし………未だに、Rが1800以下です。

 

これでは、今までどおり上級卓でしか打てないのですが………。

う~ん……しばらくは、Rが1800を越すまで、
上級卓でこのまま、ですかね………?

 

さて、今回は無理やり手を作りに行った

この局面を紹介したいと思います。

東3局、南家、25000点。

 

現在、微差の3着目です。

 

特に、振り込みもなければアガりもないという状況です。

 

しかし、東1局、東2局とハネ満手をテンパったのですが、

他家に軽く流されてしまいます。

 

どうも気合が空回りしているのか、

大物手がうまくクリーンヒットしません。

 

おかげでずいぶんと不満が溜まっています。

 

なんとか、アガりたいところです。

 

こんな配牌が来ました。

 

両面が多く、悪くはない形ですが

どう見ても南のみの1000点になりそうな安い手です。

 

点数的にはまったくへこんでいませんが、

精神的に落ち込んでいるため、欲張って高い点が欲しいのですが…。

3巡目、さっそく役牌の南が出ます。

 

そして、2巡目に東を引き、対子になりました。

 

これでさらに高い手になりそうですが、それでもまだ2000点。

 

まだ不満が残ります。

なんとかならないかと思っていると……。

 

6巡目、またも役牌の白をツモります。

 

どうやら好調の波に乗ったようです。

 

これで、全部鳴ければ40符で5200点。

 

まあまあ高い点数になりました。

 

 

9巡目に東ポン、10巡目に白ポンと

立て続きに鳴きます。

 

両方とも場に1枚切れの牌だったのですが、

タイミングが良かったのか、上手く鳴くことが出来ました。

 

これで、打8。

 

5200点の聴牌です。

 

しかし、何故かこの期に及んでも

やや不満気な表情をしています。

 

そして次順、あっさりと(6)ツモ!

 

本来ならば、これで和了のはずなのですが……。

 

また、調子にのってしまいました。

 

「えーい、ここまで来て、

こんな安手でアガれるか~~~!!!」

 

なんと、打三萬

 

わざわざホンイツをつけるためだけに、脅威のアガリ崩しです。

 

役牌を3つも鳴いておいて、5200ではもったいない!

という考えですが、とんでもなく強欲ですね……。

 

ピンズか、字牌を引けば単騎待ちになります。

 

中でも、ドラの(7)なんかを引いたら大当たりです。

 

次巡、思い切って三を切ったのが良かったのか、

すぐに(9)が来ます。

 

しかも、場に(8)が3枚切れていて、比較的アガりやすい単騎です。

 

後は、これをアガるだけです。

 

積極的にピンズに走ったのが良かったのか、場に変化もないまま

皆、やや引き気味といった雰囲気です。

 

ついには、もう後のないホウテイ前まで来てしまいました。

 

「さすがにこれで流局か……。少しやりすぎたか。」

と、反省していると……。

 

なんと、ホウテイにてロン!(あれれ?)

 

「ア、アガれた!」

と自分でもびっくりしています。

 

これで、河底撈魚東南白ホンイツで12000点

 

あの配牌からは、想像もできないびっくりハネ満です。

 

ちょっと高くなってくれればいいかな、と思っていたのに

なんと最終的にはハネ満にまでなってしまいました。

 

この無理染めのおかげで、一躍トップ。

 

オーラスも、この局の勢いを引き継いで…

 

 

なんと、華麗なメンチンで18000の和了です!

(そこまでやる必要あるのか………?)

 

終わってみれば、この回は56000点という大トップ。

 

たまには、無理やり高得点を狙うのも

効果的ってことですね。

 

…本当に、たまにだけにしましょう。

 

絶対に怪我をします。

今回は、たまたま上手く行きましたが

本当ならあそこでアガっていた方が良かったのでしょう。

どうも、精神的に不安定になると、

高い手を無理やり狙う傾向があるみたいです…。

 

いつもどおりリーチの逆襲を喰らって、放銃してしまっても

なんらおかしくありません。

 

どうやら今回は、他家の慎重な打牌に助けられたようですね……。

 

反省、反省。

さて、今回はめでたく四段昇格となりましたが、

四段になってから3位、3位と凡戦続きで

結局800ポイントのまま終局となりました。

 

とりあえず、しばらくはRが1800を越すまで

上級卓で修行ですね。

 

次回も、この調子で頑張りたいと思います。

 

投稿日:2018年10月10日 更新日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

押川雲太朗HP

押川雲太朗公式サイト

押川雲太朗

1965年生まれ。漫画家。麻雀漫画を多数執筆しています。現在は「麻雀小僧」と「Let’s Go なまけもの」を執筆中。


押川雲太朗先生の下でアシスタントをしている謎と申します。
天鳳やってます」を担当しています。
毎回やらかしてしまうヘボヘボなブログですが、良かったら見てください。
目標は四段R1800で特上卓に行くことです。