天鳳やってます (27)

です。

今回も、天鳳で東風戦を10回打ちました。

今回の成績は……
(4),(3),(1),(4),(4),(4),(1),(3),(3),(2)と
またもラスだらけの成績でした……。

不調街道まっしぐらです。

通算成績は以下の通りです。

三段 160/ 1200pt R1616
1位率 .234 対戦数   290  和了率.225
2位率 .275 平均得点 -0.36 放銃率.170
3位率 .248 平均順位  2.49 副露率.300
4位率 .241           立直率.220
飛び率 .010

ついにラスが1着よりも多くなってしまい、
二段に降格しそうな勢いです。

ひどい成績になってしまいました。

さて、今回は変な読みをして失敗したこの局面を紹介します。

東4局一本場、33300点持ちの北家。

ここまで好調で進み、
33000点でオーラストップ目です。

後は、このオーラスをサクっとアガればトップで終了です。

見事トップで終了させてみますよ~。

こんな配牌が来ました。

 

 

やはり状態は良いのか、既に二面子の好配牌。

残った形も、悪くありません。

これならサクッとアガれそうです。

 

 

しかし、二巡目にいきなり上家が(1)ポン。

捨て牌から見ても、ピンズの混一色か清一色でしょうか。

上家は18600点持ちのラス目。

ここで、大物狙いの一発逆転にかけるようです。

ドラが發だけに、注意が必要です。

 

 

すると、6巡目、(4)をチー。

そして、打發です。

ドラが通るのは良かったのですが、
私の手は、鳴きでツモがずれたのか、
まったく進みません。

配牌からほとんど変わらず、停滞状態です。

困りました。

 

 

すると10巡目、この中を引きました。

場を見ると、中は生牌。

これは、流石に打つわけには行きません。

大人しく、ソーズを打って降りていれば良いのですが……。

「この手をアガりにかけるなら、
ピンズを持っていてはアガれないな。
ここは、ピンズの両面落としだ。」

と、なんとここでピンズの染め手をやっている相手に対して
打(8)です。

真っ直ぐ行くなら中切りなのですが、
攻めたいのか降りたいのかよくわかりません。

 

 

出した(8)を、上家がポン。

そして、この三萬を引きました。

「ちっ、まさか(8)をポンされるとは……。
しかし、この(7)は大丈夫だろう。
上家は、(8)ポンで打(6)。
ピンズの上を処理したからには、もうピンズの上はない。
ズバリ上家の待ちは(2)(5)だ!!」

と、珍しくヘンテコな読みをきかせて
両面落としを続行。

打(7)です。

すると……。

 

 

「えっ!?嘘!!」

出した(7)がまさに当たりで、
結果的にピンズの染め手を大助けしてしまいました……。

しかも、キレイな清一色ドラ1で、跳満です。

ということは……

 

 

ラス!

あれだけ点棒があったのに、
なんと百点差でラスになってしまいました……。

相変わらず、ひどい闘牌ですね……。

やはり、珍しく変に読みなどをすると
ロクなことになりませんね……。

(4)を(5)(6)で鳴いても、
まだ手の中に(5)(6)がある可能性は、十分にありました。

しかし、それよりも
素直に降りていれば、少なくともラスはなかったでしょう。

どうも、思考回路が変に捻れていたようです。

手が進まない時点で、
早々に降りるべきでしたね……。

まるでラスになりたい人の打ち方ですが、
大真面目にやっているからなおさらタチが悪いです。

こんなラスをとっているようじゃ、まだまだですね…。

さて、今回も不調の波は続き、
マイナス150ポイントで終局。

二段降格まで、王手になってしまいました。

いよいよ、後がない状態です。

なんとか降格しないよう、
次回も頑張りたいと思います。

投稿日:2018年9月14日 更新日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

押川雲太朗HP

押川雲太朗公式サイト

押川雲太朗

1965年生まれ。漫画家。麻雀漫画を多数執筆しています。現在は「麻雀小僧」と「Let’s Go なまけもの」を執筆中。


押川雲太朗先生の下でアシスタントをしている謎と申します。
天鳳やってます」を担当しています。
毎回やらかしてしまうヘボヘボなブログですが、良かったら見てください。
目標は四段R1800で特上卓に行くことです。