天鳳やってます (30)

です。

今回も、天鳳で東風戦を10回打ちました。

今回の成績は……
(1),(2),(3),(3),(3),(4),(3),(2),(2),(3)と、
またもぱっとしない成績で終わってしまいました…。

ですが、今回はラスが1回だけで
まだ傷が浅くすんでいます。

通算成績は以下の通りです。
三段 120/ 1200pt R1606
1位率 .231 対戦数   320  和了率.226
2位率 .271 平均得点 -0.65 放銃率.172
3位率 .256 平均順位  2.50 副露率.311
4位率 .240           立直率.216
飛び率 .009

さて、今回は強欲に行ったこの局面を紹介します。

東2局、19900点持ちの南家。

12000と1000・2000をツモられ、
まだ振り込んでもいないのに同着3位という状況です。

トップ目は、34900点持ち。

挽回するためにも、
ここで一アガりしたいところです。

こんな配牌が来ました。

 

 

一面子もなく、高い手にもならなそうな形です。

あまり良くない配牌ですが、
こんな手でもなんとかアガりに向かいたいと思います。

 

 

しかし、1巡目に北、
その後も6,9など
どうも偏った牌ばかり引いてしまいます。

まだ、一面子も出来ておりません。

そして、6巡目にこの白を引きました。

仕方ありません。

こうなったら…。

 

 

(6)(7)落としで、無理やり混一色に行きたいと思います。

毎度おなじみ、強引な混一色仕掛けです。

ドラが3なので、
これなら打点も十分です。

あとは、これが形になるのを待つだけです。

 

 

すると、8巡目に上家が打5。

もちろん、チーです。

 

 

さらに続く次順、打8。

これもチーして、打發です。

次々と欲しい牌を鳴かせてくれます。

あれだけひどい形だったのに、
またたく間に一向聴です。

しかも、気がついたら一通の形にもなっており完璧です。

あとは、この要のペン3が引ければ良いのですが……。

 

 

すると、次順赤5ツモ。

ペン3とは行きませんでしたが、
これはこれで嬉しい牌です。

これでかなり安定した形になりました。

すると、そこに上家が打3。

喉から手が出るほど欲しかった牌です。

これで、混一色一通ドラ2の満貫の聴牌です。

ノータイムで、チー!

しかし…

 

 

「!?」

なんと、チーしようと思った矢先、下家からポンの発声。

チーよりポン優先で、下家にドラが行ってしまいました。

まずいです。

これで、ペン3がほぼ死んだ形になってしまいました。

どうしたものかと思っていると…。

 

 

12巡目、上家から4。

もちろんチーなのですが、
残る形はどれも悪くなってしまいます。

ペン3は残り1枚で、
1,2も2枚ずつ切れて、単騎待ちにしても残りは1枚。

どれも、残り1枚ずつの聴牌です。

仕方ありません。

こうなったら……。

 

 

打北で、ペン3の一通の形にとります。

一番高くなる形を選びました。

いつもどおりです。

待ちは悪いですが、
これでもアガれないとは限りません。

まだ、自分でツモあがるか、
他家から出る可能性も残されています。

すると…。

 

 

 

次順、上家からリーチ。

ここまで押してきたのは、手牌が良かったからのようです。

手牌4枚では降りれませんが、
元から降りるつもりはありません。

むしろ、上家からアガリ牌が出る可能性が増えたというものです。

この手で、リーチを粉砕してやります。

すると…。

 

 

15巡目、終局間際、下家がなんとカン!

ドラの3を加槓です。

ということは……。

 

 

 

そう、なんとその3で槍槓です。

なんとも珍しい役をアガってしまいました。

満貫で十分なのに、跳満になってしまいました。

たまには、強欲に行くのも成功しますね…。

今見ても、凄まじいアガりですね…。

久々に槍槓をアガりました。

いつもならば、リーチに放銃してるところですが
強引に行って成功しましたね…。

むしろ、こんな手で強引に行くから負けるかもしれませんが……。

何にせよ、今回はアガれて良かったです。

さて、今回は何とかラスを抑え、
+20ポイントで終了となりました。

何とか降格はまぬがれましたが、
まだまだ降格寸前です。

次回も、プラスで終われるよう頑張りたいと思います。

投稿日:2018年9月14日 更新日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

押川雲太朗HP

押川雲太朗公式サイト

押川雲太朗

1965年生まれ。漫画家。麻雀漫画を多数執筆しています。現在は「麻雀小僧」と「Let’s Go なまけもの」を執筆中。


押川雲太朗先生の下でアシスタントをしている謎と申します。
天鳳やってます」を担当しています。
毎回やらかしてしまうヘボヘボなブログですが、良かったら見てください。
目標は四段R1800で特上卓に行くことです。