天鳳やってます (32)

です。

今回も、天鳳で10回東風戦を打ちました。

今回の成績は……
(2),(4),(2),(3),(3),(3),(4),(4),(4),(2)と、
トップを1回もとれない、ひどい成績でした……。

そしてついに……

 

 

度重なるラスにより、なんと二段に降格してしまいました。

これだけラスをとれば、当然ですね…。

もちろん、毎回本気で打っております。

通算成績は以下の通りです。
二段 410/ 800pt R1579
1位率 .223 対戦数   340  和了率.221
2位率 .270 平均得点 -1.40 放銃率.174
3位率 .264 平均順位  2.52 副露率.314
4位率 .241           立直率.210
飛び率 .011

さて、今回は思わぬ落とし穴にハマってしまったこの局面を紹介します。

東1局一本場、西家で25000点持ち。

前局に九種九牌で流局し、
全員原点の1本場です。

まだ始まったばかりなので
無理に攻めなくても良いという局面です。

こんな配牌が来ました。

 

 

既に自風の西の対子があり、
東1局でこれなら西を鳴いて2000点でも十分という手です。

後は、この西が鳴けるかですが…。

 

 

親の第一打にあっさりと西が出て、役を確保することが出来ました。

早くも、手の方向性は固まりました。

このまま安手で攻めたいと思います。

 

 

するとその後、九萬と(4)を対子にし、
こんな形になりました。

そこへ、下家が打一萬。

少々焦った仕掛けかもしれませんが、
手が進むということもあって、
この一萬をポンして打二萬です。

後は、赤五萬の周りを引きたいところなのですが……。

 

 

しかし、ツモる間もなく
上家から九萬が出てしまいました。

こんなに早く仕掛ける気もなかったのですが、
鳴いても(4)の頭があるということで、思わずポン。

早くも三副露になってしまいました。

しかも、一萬、九萬、西の鳴きと
まるで混一色混老頭みたいな鳴きです。

ドラが東ということもあって、
これなら他家へのプレッシャーにもなります。

実際は、ただの2000点ですが……。

 

 

すると、出した中を対面の親がポン。

見ると、既に白まで鳴いています。

かなり危険です。

まだ巡目は早いですが、
警戒した方が良さそうです。

そこへ、次順三萬ツモ。

赤五萬にくっついたのは良いのですが、
待ちの悪いカンチャン待ちになってしまいました。

しかし、これでもテンパイはテンパイ。

打6で、テンパイにとります。

あとは、これがアガれれば良いのですが……。

 

 

10巡目、とうとう上家からリーチがかかってしまいました。

あれだけ急いでテンパイしたのに、
アガれない内に追いつかれてしまいました。

早仕掛けあるあるです。

この手を軽くアガりきりたいのですが、
萬子が異様に高く、
ほとんど場に出ない状況になってしまいました。

こんな鳴きをしていれば、
当然といえば当然ですが…。

こうなれば、ツモりきるしかない!と思っていると…。

 

 

15巡目、4枚目のこの一萬を引いてきてしまいました。

また妙な牌を引きました。

一萬はリーチに通っておらず、危険な牌です。

かといって、手の中には降りる牌はありません。

どうせ放銃するぐらいなら……

 

 

「思いきって、カン!!」

なんと、リーチがかかっているのに加槓です。

点数を増やす意味と、ツモを増やす意味もありますが
かなり無謀です。

さらに、引いてきたリンシャン牌が西!

もう、こうなったらもちろん…

 

 

続けて、カン!

無謀を通り越してムチャクチャです。

フリー雀荘でこんな手をアガってしまったら、
何点を申請したらいいのかもわかりません。

しかし、ここまでしてしまったからには、
是非ともアガりきりたいです。

 

 

すると、17巡目この二萬を引きます。

上家は萬子を一枚も切っておらず、
かなり危険な牌です。

相変わらず場にはほとんど萬子がなく、
怪しいニオイがぷんぷんします。

仕方ありません。

ここは、少し回して打(4)です。

ここまで暴れてしまったのに、手を崩してしまいました。

 

 

もう手の中は危険牌だらけで、降りる牌もありません。

すると、流局間際この東を引きました。

場を見ると、東は場に1枚切れ。

対面が切っているので、
これを切っても対面に放銃する心配もありません。

發も捨ててあるので、大三元という可能性も無さそうです。

さらに、リーチ後に東が捨ててあり
これを切っても上家に放銃することはないでしょう。

なんにせよ、この東は安全です。

ためらいなくツモ切ると……

 

 

「えっ!?」

なんと、上家の手に放銃。

リーチ後に捨ててあるのに…!?と思ったのですが、
よく見ると、対面が捨てた東は
ギリギリリーチの前に捨てた牌で、
フリテンにはなっていなかったようです…。

対面と私がバカスカ鳴きまくったせいで、
巡目がずれていたようです。

リーチ後に捨て牌を見たせいで、
てっきり通っているものだと思いこんでしまいました。

やってしまいましたね…。

この手だけだとリーチドラドラのみですが、
カン裏も合わせて、ドラが6つになり、
跳満の放銃となってしまいました……。

ひどい放銃です。

やはり、カン二つはやりすぎでしたかね……。

リーチ前ならまだしも、
リーチ後にこれだけカンしてしまったら、
こうなっても当然ですね……。

せめて、カンしていなかったら5200点の放銃で済んでいました。

最近は、珍しく積極的に鳴いているのですが
鳴きがヘタなのか、どうも悪い結果に繋がってしまっています。

手牌を縮めて、放銃するという
悪循環に陥っています。

そもそも、リーチ前の捨て牌ぐらい注目しとおけという話ですね……。

まだまだ、注意力が足りません。

さて、今回は全体的に不調で、
ついに二段降格となってしまいました。

レートも1500台まで落ち、
絶不調の最中です。

四段R1800が遠のいてしまいましたが、
まだ私は諦めていません。

次回こそ、トップを取れるよう頑張りたいと思います。

投稿日:2018年9月14日 更新日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

押川雲太朗HP

押川雲太朗公式サイト

押川雲太朗

1965年生まれ。漫画家。麻雀漫画を多数執筆しています。現在は「麻雀小僧」と「Let’s Go なまけもの」を執筆中。


押川雲太朗先生の下でアシスタントをしている謎と申します。
天鳳やってます」を担当しています。
毎回やらかしてしまうヘボヘボなブログですが、良かったら見てください。
目標は四段R1800で特上卓に行くことです。