天鳳やってます (38)

です。

今回も、天鳳で10回打ちました。

今回の成績は……
(2),(4),(3),(3),(2),(3),(3),(2),(1),(1)と
3着が多い成績でした。

ですが、ラスが1回だけなので
まあまあな成績になっております。

通算成績は以下のとおりです。
二段 710/ 800pt R1632
1位率 .227 対戦数   400  和了率.224
2位率 .275 平均得点 -0.88 放銃率.172
3位率 .262 平均順位  2.50 副露率.321
4位率 .235           立直率.205
飛び率 .015

さて、今回は無理に急いだこの局面を紹介します。

東2局、25000点持ちの親。

前局に2000点のアガりが出ただけで、
ほぼ場は動いていません。

そこに、親を持ってきました。

この親で一アガりして、勢いをつけたいところです。

こんな配牌が来ました。

 

 

 

一面子と頭が一つあり、悪くない配牌です。

これなら、すんなりと平和の形になりそうです。

ひとまず、ツモの様子を見たいと思います。

 

 

6巡目になり、こんな形の手になりました。

6,9、ドラの(1)などをツモり、
順調に手が進んでいっています。

そして、この(5)ツモで早くも一向聴です。

早さは申し分ないのですが、
6と西で対子が二つもあるのが気になります。

どちらかを先に引いてくれば、
両面リーチになり問題ないのですが……。

とりあえず、六萬切りです。

 

 

しかし、一向に有効牌を引かず
ムダヅモばかりです。

ついには、上家からリーチがかかってきてしまいました。

そこへ、2ツモ。

またムダヅモですが、
さすがにこれをツモ切るわけには行きません。

上家の捨て牌を見ると、
ソーズが1枚も捨ててありません。

ソーズはかなり危険です。

それどころか、
まさかのメンチンリーチまであるかもしれません。

何にせよ、この2は危険です。

仕方ありません。

ここは、西の対子落としで
一時撤退です。

チャンスがあれば攻めに回りたいところですが、
この状況では少々難しそうです。

 

 

しかし、14巡目3をツモりこの形。

回っているうちに、2、3とツモり
こんな形になりました。

これなら、まだテンパイ復活のチャンスがあります。

しかし、実は既に1を捨てており、
23の形はフリテンになっています。

さらに、捨てた六萬に七萬、八萬とかぶり
結果的に、河に二面子もさらしてしまいました。

既にアガっていたという結果です。

無理しない方が良いんじゃないか、という心の声が聞こえますが
聞こえないフリをして一向聴続行です。

1,4ツモに期待したいところです。

 

 

すると、上家が打(4)。

「こっ、ここだ~~!
と、この(4)を勇み足でチー。

フリテンどころか、役無しの形にまでなってしまいましたが
問題ありません。

もはや、この巡目になってしまったら
アガるのは難しいでしょう。

むしろ、ここはフリテン役無しでも
テンパイを取るべきだと判断し、(4)をチーです。

打ち出す2は、対面が5を捨てているので
比較的安全なはずです。

あとは、この局が流局になれば
狙い通りです。

次局にアガりをかけたいと思います。

すると…

 

 

次巡、(8)ツモ。

早いうちから(9)、(7)が捨ててあるので
この辺なら大丈夫だろう、とツモ切ると……

 

 

なんと、それがまさかのロン。

見ると、ソーズの形は完成していて
待ちは(5)(8)。

捨て牌に、ビビリすぎてしまいました。

しかしまあ、リーチ平和の2000点なら大したことは……

 

 

「ゲッッ!」

しかし、やりすぎた私に罰を与えるかのごとく
まさかの裏3です。

まいりました。

リーチ平和ドラ3の満貫を食らってしまい、
またたく間にラス目まで落ちてしまいました……。

やはり、やりすぎましたかね……。

親だからという理由で、テンパイ欲しさに急いでしまいました。

鳴かなくとも良かったかもしれませんが、
その場合(8)は上家に流れ、ツモアガリです。

そうなるとツモもつき、ハネ満の親被りですが
他家も被害を被っている分、
まだそちらの方がマシでしたかね……。

二面子ミスった時点で、
素直に降りておくべきでした。

心の声には、素直に従っておくべきですね……。

さて、今回は3着ばかりの成績でしたが
ラスも少なく、+70ポイントで終了となりました。

じわじわと、三段昇格に近づいていっています。

次回も、この調子で頑張りたいと思います。

投稿日:2018年9月14日 更新日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

押川雲太朗HP

押川雲太朗公式サイト

押川雲太朗

1965年生まれ。漫画家。麻雀漫画を多数執筆しています。現在は「麻雀小僧」と「Let’s Go なまけもの」を執筆中。


押川雲太朗先生の下でアシスタントをしている謎と申します。
天鳳やってます」を担当しています。
毎回やらかしてしまうヘボヘボなブログですが、良かったら見てください。
目標は四段R1800で特上卓に行くことです。