天鳳やってます (50)

です。

今回も、天鳳で10回打ちました。

今回の成績は……
(3),(4),(1),(2),(4),(1),(1),(1),(1),(1)と、
トップ6回と、かなり調子の良い回でした。

ようやく調子が戻ってきたようです。

通算成績は以下の通りです。
二段 580/ 800pt R1607
1位率 .228 対戦数   520  和了率.227
2位率 .265 平均得点 -1.35 放銃率.174
3位率 .253 平均順位  2.52 副露率.317
4位率 .251           立直率.202
飛び率 .021

さて、今回は前のめりになりすぎたこの局面を紹介します。

東2局、北家で23700点持ち。

前局に700・1300をツモられ
微差ですが、さっそく親カブりでラス目です。

ですが、トップ目とはたった4000点差。

親もないので、
果敢にアガりに行きたいところです。

こんな配牌が来ました。

 

 

既に一面子と両面が2つあり、
かなり良い配牌です。

これなら、平和系の手で手牌が伸びそうです。

これをアガり返して、
暫定トップに立ちたいと思います。

 

 

すると、ツモる間もなく
下家の親がオタ風の北を一鳴き。

かなり怪しい鳴きです。

トイトイか、ホンイツ狙いの鳴きでしょうか。

何にせよ、警戒が必要です。

 

 

さらに、三巡目に早くも上家が暗槓。

そこへ、6も引きました。

ドラも増えたし、攻める一手です。

打(9)。

 

 

すると、これを下家がチー。

「あっ、親はホンイツ仕掛けか…。
しかもこの(9)ドラだ……。」
と、遅まきながら自分の失態に気づきます。

ですが、私の手はこれで一向聴。

四萬を先に引けば、理想的平和テンパイです。

こうなったら、親よりも先に
アガり切りたいところです。

 

 

その後、3と5を引き
さらに盤石な形の一向聴になりました。

どこを引いても、両面待ちになる好形です。

そこへ、あまり嬉しくない(3)をツモりました。

親がピンズの染め手のため、
打六萬という手もあるのですが……。

「親がピンズだし、ピンズ待ちではアガれない。
こうなったら、(2)を頭に固定して先に打(3)だ!」
と、(3)を強打です。

かなり強気に前に出ます。

 

 

すると、これを親がチー。

要の牌を立て続けに鳴かせてしまいました。

「し、しまった……
さすがにこれでテンパイか…。」

しかし時すでに遅し。

続けて親が出したドラの發を対面がポンです。

かなりきな臭い場になってきました。

もはや地雷原です。

こうなったら、
なんとしても他家よりもアガりたいところです。

すると……

 

 

9巡目、この(4)を引いてきてしまいました。

(3)を手牌に残しておけば、テンパイ出来た牌です。

嫌な予感しかしない牌です。

かなり危険、というか
もうほぼここしかないぐらいの牌ですが……。

「こんな牌を残していたら、テンパイ出来るか~~っ!

と、(4)をツモ切りです。

結果は……

 

 

「………。」

対面に捕まってしまい、
見事8000点を放銃してしまいました……。

下家に当たらなかったのは意外ですが、
どちらにせよひどい結果です。

この放銃が響き、結果ラス目のまま終わってしまいました…。

う~ん、やはり攻め過ぎでしたかね……。

自分の手ばかり見すぎてしまい、
前のめりになってしまいました。

ドラの(9)はともかく、
(3)あたりから抑えるべきでした。

親がこれだけ攻めてる以上、
受け気味に回るべきでしたね…。

まだまだ、攻めすぎる癖が治っておりません。

さて、今回はそれでも調子が良く、
結果+170ポイントで終局。

ようやく好成績で終われることが出来ました。

次回も、この調子で頑張りたいと思います。

投稿日:2018年9月14日 更新日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

押川雲太朗HP

押川雲太朗公式サイト

押川雲太朗

1965年生まれ。漫画家。麻雀漫画を多数執筆しています。現在は「麻雀小僧」と「Let’s Go なまけもの」を執筆中。


押川雲太朗先生の下でアシスタントをしている謎と申します。
天鳳やってます」を担当しています。
毎回やらかしてしまうヘボヘボなブログですが、良かったら見てください。
目標は四段R1800で特上卓に行くことです。