天鳳やってます (102)

です。

今回も天鳳で東風戦を10回打ちました。

今回の成績は………
(4),(3),(1),(1),(3),(1),(3),(3),(2),(4)と、
1着3回はいいのですが、
3着4回、ラス2回と
またも微妙な成績で終わってしまいました…。

どうも勝ちきれない成績が続きます。

通算成績は以下の通りです。
三段 630/1200pt R1689
1位率 .258 対戦数  1040  和了率.228
2位率 .232 平均得点 -0.08 放銃率.167
3位率 .251 平均順位  2.50 副露率.312
4位率 .256           立直率.201
飛び率 .027

さて、今回は堅実に行って失敗したこの局面を紹介します。

東1局一本場、24500点持ちで南家。

前局に親が軽くアガり、一本場となった東1局です。

まだ親が27500点とはいえ、
これ以上連荘させると厄介なことになりそうです。

ここは、1000点でも良いので
この親を早めに落としたいところです。

こんな配牌が来ました。

親を流したいときに、絶好の役牌対子。

完璧です。

まだ一面子もありませんが、両面が多く
東が鳴ければ軽く流せそうです。

あとは、この東が出てくるかですが……

すると、4巡目に下家から東。

思ったより、あっさりと出てきました。

本来なら、ここで(8),(9)落としで良さそうなのですが……。

ここは、あえて六萬を落とし
(8),(9)のペン(7)を残したいと思います。

また、いつもの病気かと思いきや…

六萬を切った直後、下家から打(2)。

これもノータイムでポンです。

ペン(7)から仕掛けるなら
ホンイツに行っても良かったのですが、
こうなると、さすがにホンイツ狙いは強引です。

ここは、(8)(9)落としで
冷静に手を進めたいと思います。

病気発症寸前でしたが、なんとかおさまりました。

すると、8巡目親から打(4)。

これもチーして、テンパイ。

最初の狙い通り、1000点だけのテンパイになりました。

(8)(9)を残しておけば3900のテンパイでしたが、
この状況では点数にはこだわりません。

ペン(7)よりも、
この五八萬の方が数段アガりやすいはずです。

しかも、この鳴きなら
ピンズのホンイツに見えなくもありません。

捨て牌も萬子が比較的安く、
これなら簡単にアガれそうです。

「この局はもらった!」
と思っていると…。

「ウゲッ…。」

10巡目、ついに親からリーチがかかってきてしまいました。

あれほど早く流したかったというのに、
五八萬が出る気配もなく、手牌四枚で親リーです。

ここで一発で放銃しようものなら、
それこそ勝負は決まってしまうのですが……。

「これだけ鳴いといて、
今更降りられるか~~~!(というか降りる牌もない!)
と、気合で一発目の三萬を強打です。

なんとかこの三萬は通りましたが、
内心ビクビクです。

しかし、ここで渾身の親リーを1000点で流せば、
きっと後の展開が楽になるはずです。

そのためにも、
ここで降りているわけには行きません。

捨て牌を見ると、五八萬は1枚も捨てておらず
まだ山に生きているはずです。

きっと、親がすぐに五八萬を掴むはず…!
と思っていると…。

「ゲッ…。」

13巡目、対面が打(7)。

(4)のスジで出たのですが、
結果的に、(8)(9)のペン(7)なら
既にアガっていたという結果。

両面よりも、ホンイツの辺張の方が
まだアガり目があったようです。

しかし、13巡目まで来てるというのに
五八萬はまったく出てきません。

なにやら、きな臭い雰囲気です。

結果論ですが、既にアガり逃しをしている状況。

「もう無理をしない方が良いんじゃないか。」
という心の声が聞こえる気がしますが、
きっと次のツモにいる……ような気もします。

何より、ここまで押しといて
今更降りるわけには行きません。

ツモる手に期待を込めてツモると…。

引いてきたのは、6。

「どこにいるんじゃ~~~!五八萬!!」
と6をツモ切ると…。

ついに親リーにつかまってしまい、
11600点の放銃をしてしまいました……。

いくらなんでも、
見境なく危険牌を乱打しすぎですね…。

少々、熱くなってやりすぎてしまいました。

いつもどおり、ホンイツに染めていたら
アガっていましたね……。

堅実に行った結果、
やりすぎて放銃してしまいました。

今見ると、五八萬は他家の手に2枚だけで、
あとは全部山の中という状況でした。

てっきり、誰かが暗刻かと思いきや
本当に偶然出なかっただけのようですね…。

対して、親リーの69は河に3枚、
他家の手に3枚ずつで、
69が山に1枚ずつという結果でした。

そんな薄い69を引いてくるのはともかく、
とっとと降りるべきでしたね……。

リーチ直後ならともかく、
この終盤ならまだ降りる牌はありました。

なんにせよ、
1000点の手でこれだけ突っ張っていれば
こうなるのは当然ですね…。

反省です。

さて、今回も前回に引き続きあまり勝ちきれず、
結果+30という成績で終わってしまいました。

マイナスをとってないのはいいのですが、
これでは、まだまだ先は長そうです。

次回こそ、勝てるように頑張りたいと思います。

投稿日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

押川雲太朗HP

押川雲太朗公式サイト

押川雲太朗の万事いい加減

押川雲太朗の万事いい加減

上野浅草御徒町

上野浅草御徒町

押川雲太朗

1965年生まれ。漫画家。麻雀漫画を多数執筆しています。現在は「麻雀小僧」と「Let’s Go なまけもの」を執筆中。


押川雲太朗先生の下でアシスタントをしている謎と申します。
天鳳やってます」を担当しています。
毎回やらかしてしまうヘボヘボなブログですが、良かったら見てください。
目標は四段R1800で特上卓に行くことです。
毎週金曜日更新予定。