天鳳やってます (117)

です。

今回も、天鳳で東風戦を10回打ちました。

今回の成績は………
(3),(4),(1),(3),(2),(2),(2),(2),(1),(1)と、
ラス1回だけとなかなか好調な回でした。

通算成績は以下の通りです。
三段 940/1200pt R1716
1位率 .261 対戦数  1190  和了率.229
2位率 .231 平均得点 +0.04 放銃率.166
3位率 .254 平均順位  2.49 副露率.315
4位率 .252           立直率.201
飛び率 .028

さて、今回は焦って仕掛けたこの局面を紹介します。

東2局、22900点持ちの親。

現在、同着4位となった東2局目です。

トップ目は、27800点持ちと
点差はなくまだまだ序盤です。

親が来たので、そろそろアガりに行きたいと思います。

こんな配牌が来ました。

一面子はありますが、
それ以外がバラバラで
あまり高得点にもならなそうな配牌です。

ひとまず、安手でも良いので
アガりたいと思っていると……

「な、なんじゃこのツモは…。」

七萬、五萬と
縦になるツモを次々引き、
3巡目で早くも四対子。

予想とは違うツモで、
かなり困惑しています。

一見、七対子が一番早そうですが、
まだ面子手の可能性もあるため
思い切ることは出来ません。

しばらくは、我慢の展開かと思っていると…

5巡目、対面から打七萬。

「むっ!ここだ…!!
この手、このまま待っていてもテンパれるかもわからない。
だったら、先に仕掛けてタンヤオに持っていってやる!!」
と、この七萬をポン

かなり強引な仕掛けですが、
このままではアガれないと見て、遠くから仕掛けます。

ほぼタンヤオのみ確定ですが、
あのままじっとしているよりかは
だいぶアガり目があるはずです。

そして、14巡目に(5)を引きこの形。

かなり時間はかかりましたが、
ようやくそれらしい形になってきました。

これで、ようやく一向聴。

あとは、どこの対子を落とすかですが
なんとなく、ソーズよりかはマンズの方が安そうな雰囲気です。

3切り。

あとはこれで二,五萬か5,8を引いてくれば良いのですが…

有効牌を引かず、(1)と(7)を引き
この形で停滞してしまいました。

この2牌は、かなりやばそうです。

というのも、下家が北と(7)を鳴いており、
ホンイツ仕掛けの様相。

この2牌を切ったら、確実に鳴かれます。

それどころか、既に16巡目。

放銃という可能性も十分あります。

降りるなら、ソーズかマンズを切ればよいのですが……。

「下家はオタ風の北を鳴いている……。
つまり、バカホンだ!振っても安い!
と、この(7)をツモ切り。

手が安いと見て、ぶんぶん行く作戦です。

すると、これを下家がチー。

ロンでなくて、助かりました。

そこへ、引いてきたのが5。

「良い鳴きだ。下家は手牌4枚。
これでもう下家は逃げられない!!勝った!
と、(1)切り。

しかし、結果は火を見るより明らかで……

三副露もすればさすがに通るわけもなく、
結局最後で放銃してしまいました…。

予想通り、安手のホンイツドラ1で3900。

「ふっ、たったそれっぽっちか。すぐに取り返してやるぜ」
などと調子よく息巻いたのは良いのですが、
結局その後挽回できず、
ラス目で終わってしまいました……。

やはり、安手でも放銃するのは避けるべきでしたね……。

親だとしても、手を崩して降りるべきでした。

しかも、たとえ通ったとしても
二,五萬は対面と上家が2枚ずつ持っており、
カラテン。

結局アガり目はなかったという結果です。

いくら安手とわかっていても、
行っていい手とそうじゃない手がありますね…。

やはり、七萬のポンが焦りすぎでしたかね…。

実は、鳴かなければ五五七七八九の形から
六萬がすぐに入り、一向聴という結果でした。

変に焦って、無理なところから無理な鳴きをすると
やはり失敗してしまいますね……。

反省です。

さて、今回はラスはこの1回だけで、
トップ3回2着4回となかなか好調な回で、
+110ポイントで終了でした。

次回も、この調子で頑張りたいと思います。

投稿日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

押川雲太朗HP

押川雲太朗公式サイト

押川雲太朗の万事いい加減

押川雲太朗の万事いい加減

上野浅草御徒町

上野浅草御徒町

押川雲太朗

1965年生まれ。漫画家。麻雀漫画を多数執筆しています。現在は「麻雀小僧」と「Let’s Go なまけもの」を執筆中。


押川雲太朗先生の下でアシスタントをしている謎と申します。
天鳳やってます」を担当しています。
毎回やらかしてしまうヘボヘボなブログですが、良かったら見てください。
目標は四段R1800で特上卓に行くことです。