天鳳やってます (120)

です。

今回も、天鳳で東風戦を10回打ちました。

今回の成績は………
(3),(2),(3),(2),(3),(2),(3),(3),(2),(4)と、
3着2着ばかりの、ひどく中途半端な成績でした……。

久しぶりの、まさかのトップなしです。

通算成績は以下の通りです。
三段 750/1200pt R1684
1位率 .259 対戦数  1220  和了率.228
2位率 .230 平均得点 -0.16 放銃率.166
3位率 .256 平均順位  2.50 副露率.315
4位率 .254            立直率.200
飛び率 .027

さて、今回は粘りが足らなかったこの局面を紹介します。

東4局二本場、32300点持ちで南家。

親が連荘し、二本場となったオーラスです。

僅差でトップではありますが、親は31000点持ちで
その差はわずか1300点。

もう、何をアガられてもトップ逆転されてしまうという点差です。

こうなったら、黙って見ているわけには行きません。

このオーラス、こっちがアガりにいって
勝負を決めたいと思います。

こんな配牌が来ました。

なんと、配牌で役牌の中が暗刻。

安く流すには最適の配牌です。

他の形はバラバラですが、
中の暗刻を生かして、じっくり手を育てたいと思います。

しかし、9巡立っても手はさしたる変化はなく
未だ面子は中の暗刻のみ。

思ったよりツモが悪く、困惑しています。

そこへ、上家から打(8)。

仕方ありません。

こうなったら、上家の(8)を鳴いて
無理やりにでも手を作りたいと思います。

頭がない形からの仕掛けですが、
きっとなんとかなる…はずです。

しかし…

結局頭はできず、両面ターツばかりの形で
下家からリーチがかかってきてしまいました。

下家は、25700点持ちの3着目。

その差は6600点差で、
満貫をアガれば文句なく逆転されてしまいます。

もちろん振らないようにしたいのですが、
ただ降りているわけにも行きません。

なんとか隙間を縫ってアガりに行きたいところなのですが…。

「こ、これはまずい…。」

15巡目、ついに親からリーチがかかってしまいました。

結局、手は変わらず二向聴のままです。

どちらにも振れず、絶対絶命です。

そして、その2巡後六萬ツモ。

やっと一面子出来たのですが、
ここで少し弱気になってしまいました。

五萬は二人の共通安牌ですが、赤五萬。

もし、万が一対面がダマテンでもしていたら
ひとたまりもありません。

かといって、スジの八萬を打って当たったりしたら
それこそ最悪です。

仕方ありません。

ここは、一歩後退で打中です。

すると、次巡七萬ツモ。

今、下家が切った四萬のスジですが、
これも同じく簡単には切れません。

ここで、いつもの強気が消え
すっかり弱気モードになってしまいました。

「流局まであと一巡……。
一応一向聴ではあるが、スジは打てない。
親もテンパイしてるし、こうなったら流局狙いでベタオリだな。」
と、ここで(5)を切ってベタオリです。

もう、アガる気などなしで
ただ現物を並べているだけです。

狙いは、流局での次局狙いなのですが……。

そして、次巡(7)ツモ。

「テンパイ出来ていたけど、結局流局か…。
これで二人テンパイで次局…………ん??

ここに来て、ようやく事の重大さに気づきました。

「上家と下家がテンパイ。
これで、対面もノーテンだったら1500点払いで、
30800点持ち……親は1500点入って……
あっ、まずい!!

と、気づいたときには既に遅く……。

「……。」

ノーテン払いの点棒差で、
僅差でラスになってしまいました……。

やってしまいましたね……。

何も考えず、ただ降りている人になってしまいました。

今見ると、下家のリーチは5,8待ちでしたがカラテン。

親のリーチは、4と一萬のシャボでしたが、
なんとフリテンリーチです。

結局、何を切ろうと当たらないという結果でした。

スジだの何だのにビビらずに、
ただ真っ直ぐ行くべきでしたね……。

テンパイできていれば、
次局で今度こそチャンスがあったかもしれません。

何にせよ、半端なところで下手に降りると
余計ひどくなりますね……。

反省です。

さて、今回は3着2着ばかりのひどい成績で
結果+10と、かなりしょっぱい成績でした。

まだラスが少ないだけマシですが、
ほとんど進展なしです。

次回こそ、良い成績になれるよう
頑張りたいと思います。

投稿日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

押川雲太朗HP

押川雲太朗公式サイト

押川雲太朗の万事いい加減

押川雲太朗の万事いい加減

上野浅草御徒町

上野浅草御徒町

押川雲太朗

1965年生まれ。漫画家。麻雀漫画を多数執筆しています。現在は「麻雀小僧」と「Let’s Go なまけもの」を執筆中。


押川雲太朗先生の下でアシスタントをしている謎と申します。
天鳳やってます」を担当しています。
毎回やらかしてしまうヘボヘボなブログですが、良かったら見てください。
目標は四段R1800で特上卓に行くことです。