天鳳やってます (122)

です。

体調不良のため、更新が遅くなり申し訳ありません。

今回も、天鳳で東風戦を10回打ちました。

今回の成績は………
(3),(1),(4),(2),(3),(4),(3),(3),(3),(2)と、
3着ばかりの中途半端な成績でした……。

通算成績は以下の通りです。
三段 800/1200pt R1680
1位率 .258 対戦数  1240  和了率.228
2位率 .229 平均得点 -0.23 放銃率.166
3位率 .259 平均順位  2.50 副露率.315
4位率 .252            立直率.199
飛び率 .028

さて、今回は余計なことに気がついてしまったこの局面を紹介します。

東4局、10900点持ちで西家。

現在、オーラスで断ラス目という状況です。

トップ目は、37900点持ちの下家。

3着目でさえ、24000点持ちと
だいぶ離されてしまっています。

ここは、安手を狙っていても仕方ありません。

最低でも、ラス抜けを出来る
満貫、ハネ満あたりを狙っていきたいと思います。

しかし……

「こ、こんな手でどうやって逆転の手を作れっていうんだ…。」

配られたのはバラバラの配牌で、
とても満貫を狙えそうな手ではありません。

しかし、こんな手でも頑張って逆転できる手を作りたいと思います。

なんとか、ドラの白が重なるのを期待したいのですが…。

すると、8巡目(3)をツモりこんな形になりました。

ツモがよく、あの配牌にしてはまあまあまとまってきました。

一番手広いのはドラの白切りですが、
ここからドラを切るわけには行きません。

白を残し、少しでも打点を高くしたいところです。

打4。

すると……

「き、来た!」

次巡、なんと狙い通りにドラの白を対子。

これで、満貫の一向聴。

直前に白が切られてしまっていますが、
問題ありません。

自力で暗刻にして、ハネ満にすることも十分ありえます。

これで、準備はバッチリです。

すると…。

その直後、下家から發が出てきます。

この發は、対面も切っていて4枚目。

さすがに、この發を鳴かないわけには行きません。

ポンして打五萬。

ハネ満とは行きませんでしたが、
これで7700点のテンパイ。

とはいえ、ここからが大変です。

この手は、誰からアガってもOKというわけには行きません。

唯一着順が変わるのは、
13100点差の上家からのアガりのみ。

それでようやくラス抜けという
なかなか厳しい状況です。

「これだけ頑張っても、せいぜい3着止まりか……
う~んそれもシャクだな…いや、待てよ…?
と、ここで余計なことに気がついてしまいました。

トップが37900点持ち、2着目が27200点、3着目が24000点…
これならイケる!!

そして…

14巡目、対面から最後の白が出ます。

「むっ、これだーー!!」

と、この白をポンして打赤五萬です。

またぶっ飛んだことをはじめましたが、
もちろんちゃんと狙いはあります。

ポンしなければ7700点のままですが、
こうすれば白發ドラ3で8000点

そう、天鳳ではオーラス終了時に
全員が3万点を超えていなければ
サドンデスで次局に入ります。

そして、この状況では下家が37900点と
7700点ではギリギリ足りませんが
8000点ならなんとか3万点を下回ります。

狙いは、下家から直撃しての
サドンデス突入です。

これなら、3着止まりと言わず
トップを狙える可能性もあります。

むちゃくちゃ無謀ですが、
こうなったらぜひトップを取りたいところです。

すると…

次巡、ようやくフリテンにならない6ツモ。

あまり良い待ちではありませんが、
フリテンよりかは何倍もマシなはずです。

あとは、これで下家から出てくれれば…と願っていると……。

「ロ、ロン!!」

なんと、待ち変えした直後、下家からロン!

単騎待ちも捨てたものじゃありません。

これで、狙い通りの8000点を狙い通りの場所からアガり
奇跡のサドンデス突入です。

これで次局もアガれば奇跡的なトップ逆転!と思っていたのですが…。

「あ、あれ…?さっきまでの苦労は一体…。」

なんと、わずか5巡で上家の親がツモアガってしまい、
結局ラス目で終わってしまいました……。

やはり、サドンデスなどと姑息なことを考えず
素直にラス抜けを選ぶべきでしたかね……。

そもそも、運良く6が出たから良かったものの、
普通は振り込んでもおかしくありませんでした。

両面でテンパっているのに、
わざわざ単騎待ちにする必要はありませんでしたね…。

そもそも、オーラスでこんな点数になっている時点で
ダメダメですが……。

なにはともあれ、反省です。

さて、今回も3着ばかりの微妙な成績で、
-40とじわじわ後退していっています。

次回こそ、プラスで終われるよう
頑張りたいと思います。

投稿日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

押川雲太朗HP

押川雲太朗公式サイト

押川雲太朗の万事いい加減

押川雲太朗の万事いい加減

上野浅草御徒町

上野浅草御徒町

押川雲太朗

1965年生まれ。漫画家。麻雀漫画を多数執筆しています。現在は「麻雀小僧」と「Let’s Go なまけもの」を執筆中。


押川雲太朗先生の下でアシスタントをしている謎と申します。
天鳳やってます」を担当しています。
毎回やらかしてしまうヘボヘボなブログですが、良かったら見てください。
目標は四段R1800で特上卓に行くことです。