天鳳やってます (123)

です。

今回も、天鳳で東風戦を10回打ちました。

今回の成績は………
(4),(3),(4),(2),(4),(3),(1),(3),(4),(1)と、
3着、4着ばかりとひどい成績でした。

絶賛不調中です。

通算成績は以下の通りです。
三段 690/1200pt R1665
1位率 .257 対戦数  1250  和了率.228
2位率 .228 平均得点 -0.29 放銃率.167
3位率 .260 平均順位  2.50 副露率.314
4位率 .253            立直率.200
飛び率 .028

さて、今回は相手の手を侮り失敗したこの局面を紹介します。

東4局、33600点持ちで親。

現在、微差ながらもオーラスでトップ目という状況です。

ですが、2着目の対面が33300点持ち。

その差は、わずか300点しかありません。

このオーラスは、ただ見ているだけというわけには行きません。

自らアガりに行って、
このオーラスに勝負をつけたいところです。

こんな配牌が来ました。

やはり状態が良いのか、配牌も悪くありません。

第一ツモが一萬というのは微妙ですが、
平和にも234の三色にもなりそうな好手です。

これをノミ手でアガって、早めに終わらせたいと思います。

すると、5巡目五萬をツモりこの形。

結局タンヤオになりましたが、
絶好の五萬を引き万全な形になりました。

5巡目で早くも好形の一向聴。

最悪、チーテンをとっても構いません。

これはもう、勝ったも同然です。

念の為、一応6から切ると…。

この6を上家がポン。

何をやっているかはわかりませんが、
「そんなに急いで鳴いても、この手の餌食だぜ。くっくっく…。」
といった気分です。

北家のポンなら親のツモは増え、さらに有利です。

この好形の一向聴ならどうせすぐにテンパるはずだ、
と思っていると…。

「な、なんだよこのツモは……。」

既に11巡目となりながらもまったくテンパイする気配はなく、
引いてきたのは無駄ヅモのドラ。

手に絡まない牌ばかり引いてきて、
段々歯車のずれを感じます。

危ないところですが、危険牌の(7)ツモ切りです。

上家はその後中も鳴き、
既にテンパっていてもおかしくありませんが
何を狙っているかがよくわかりません。

上家は、23100点持ちの3着目。

最低でも満貫は欲しいところですが、
ソーズも捨ててありホンイツには見えません。

今のままでは中のみの1000点です。

一体、何をやっているんだ…
と思っていると…。

その2巡後、ようやく六萬ツモ。

だいぶ時間はかかりましたが、
これでやっと(2),(5)のテンパイです。

「色々暴れてくれたが、これで勝った!
今度こそこの手で餌食にしてやる!」
と、強気モードです。

ですが、もちろんリーチはかける必要はありません。

ダマテンで静かにアガりを狙いたいと思います。

すると……

次巡、ツモ切った發を上家がポン。

一瞬ギョッとしましたが、
これでようやく狙いがわかりました。

「はは~ん、ようするに最初から發中の対子を持ってて大三元狙いだったんだな。
しかし、少し遅かったな。
白は数順前に切ったばかりだ!その手はどんなに良くても小三元止まり!
と、驚異の洞察力です。

白は既に2枚切れ、大三元はもうありえません。

おそらく、白が重なる前に間に合ったのでしょう。

ツイているときは、何をやってもうまくいきます。

「つまり、今上家は白単騎小三元
白以外は何を切っても通る!!

と、ツモってきた東を切ると……。

「あ……あれ~~?」

お察しの通り、白などまったく関係なく
実は東単騎。

洞察力など皆無で、ただの節穴でした。

しかも、結局ホンイツも含まれて
發中ホンイツドラ1の満貫。

トップ争いをしていたのに、3着まで落ち込んでしまいました…。

今見ると、どうやら上家は最初からホンイツ狙いのようで
6を仕掛けたようです。

捨て牌にソーズが多く、すっかり騙されてしまいましたね…。

場を見ると、東は1枚切れで
(2),(5)はあと4枚と十分でしたが
先に東を掴んでしまったという結果。

小三元狙いと過信しすぎて、ブンブン行ってしまいましたね…。

ホンイツ狙いも警戒して、東も抑えるべきだったかもしれません。

なんにせよ、勝負事で思い込むということは何よりも危険ですね…。

反省です。

さて、今回は絶不調で
-110ポイントと、だいぶ後退してしまいました。

どうも、不調が長引いております。

次回こそ、プラスをとれるよう
頑張りたいと思います。

投稿日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

押川雲太朗HP

押川雲太朗公式サイト

押川雲太朗の万事いい加減

押川雲太朗の万事いい加減

上野浅草御徒町

上野浅草御徒町

押川雲太朗

1965年生まれ。漫画家。麻雀漫画を多数執筆しています。現在は「麻雀小僧」と「Let’s Go なまけもの」を執筆中。


押川雲太朗先生の下でアシスタントをしている謎と申します。
天鳳やってます」を担当しています。
毎回やらかしてしまうヘボヘボなブログですが、良かったら見てください。
目標は四段R1800で特上卓に行くことです。