天鳳やってます (76)

です。

今回も、天鳳で東風戦を10回打ちました。

今回の成績は……
(1),(1),(1),(2),(4),(3),(1),(1),(4),(2)と、
トップ5回でかなり好調な成績でした。

久々に、大勝利です。

通算成績は以下のとおりです。

三段 330/ 1200pt R1641
1位率 .243 対戦数   780  和了率.222
2位率 .241 平均得点 -1.15 放銃率.172
3位率 .260 平均順位  2.52 副露率.313
4位率 .255           立直率.199
飛び率 .029

さて、今回はわけのわからない鳴きをして失敗したこの局面を紹介します。

東1局、西家で25000点持ち。

まだ始まったばかりの東1局です。

西家なので、ガツガツアガりに行くところでもありません。

とりあえず、じっくり打ちたいと思います。

 

2巡目、(4)を引きこんな形になりました。

まだ一面子しかありませんが、
なんとか育てばタンヤオになりそうな手です。

すると……

 

同順、親が9をいきなり両面でチー。

まだ2巡目だというのに、早速仕掛けてきました。

役牌の後付けか、ホンイツ狙いでしょうか。

正体がわかりませんが、まだ絞って打つつもりはありません。

むしろ、手の中にある役牌を全部出して
真っ直ぐ前に進みたいと思います。

 

しかし、役牌を全部出しても
鳴いたのは下家で、親は何の反応もありません。

捨て牌から見ても、やはり染め手狙いのようです。

ですが、2巡目から鳴くということは
まだ手が整ってない可能性もあります。

ここは、ガンガン攻める一手です。

そして、八萬を引きこんな形になりました。

(9)が既に三枚切れており、(6),(9)は薄いですが、
とりあえず真っ直ぐ行きたいと思います。

打五萬。

 

 

一応一向聴ですが、
あまり強気には行けない一向聴です。

カンチャンが先に埋まっても枚数は少なく、
先に(6)を引いても役ありですがカンチャン待ちです。

残り1枚の(9)を引いたりしたら、
役無しのカンチャン待ちというひどいことになってしまいます。

とりあえず、この手で大きな手は狙いません。

鳴いてでも、タンヤオで流したほうが………
ん?

「あ”っ!!」

なんと、よく見ると
上家が既に(6)を切っているではありませんか。

ぼやぼや考えすぎて、無意識にスルーしてしまいました。

しかも、これで(6)が1枚減り
(6),(9)は残り3枚。

もはや、カンチャンより薄いです。

「や、やっちまった……。
しかし、もう見逃さないぞ。次(6)が出たら絶対にチーだ。」

と思っていると……

「うげげ……!!」

なんと、残り1枚の(9)を見事に引き
とてもしょっぱい形のテンパイになってしまいました。

嬉しいようで、嬉しくないテンパイです。

まさか引くとは思ってなかったので、
困りました。

とりあえず、こんな役無しのカンチャンではリーチはかけられません。

ドラが4なので、
8切りのダマテンです。

とりあえず、タンヤオになるか
3を引いて、両面待ちになるのを期待します。

しかし、どうも不安定な形です。

これだったら、むしろツモ切りした方が……
いや、もう思い切ってドラ切り引っ掛けリーチ……。

などとまたもやぐるぐる考えていると…。

 

「あっ!2枚目の(6)!!今度こそ絶対にチー!!

と、この(6)をチー。

しかし…

「……あ、あれ?」

なぜか反射的にチーしたのはいいものの、
さらにひどいことになってしまいました。

何を勘違いしたのか、
今更(6)を喰っても食い替えできない形で、
もちろん(9)は切れません。

タンヤオに持っていこうという気持ちが強すぎて、
わけのわからないことをしてしまいました。

ひとまず、ドラの4を残して6切り。

ですが、もはやどうアガっていいのかわかりません。

3を引いてタンヤオにするか、
そうでなければ(2)を引いて一通か…!?
と無謀なことばかり考えてばかりいると……

 

13巡目、9を引いてこの形になりました。

結局カン7も引いてきてしまい、
もうグダグダになっております。

もはや降りたほうが良いぐらいですが、
とりあえずツモ切り。

しかし、2巡目に鳴いた親が
何をやっているのかがわかりません。

ソーズの染め手かと思いましたが、
4枚もソーズを切っています。

チャンタも三色もなさそうですし、
残るは役牌の後付けぐらいです。

そして、7と8は4枚見えています。

こんな9は安全牌だろう…と思っていると…。

「えっ!?」

なんと、この9にロンの声。

予想外で、びっくりしました。

しかし、恐れることはありません。

この9が当たるということは、単騎待ち。

そして、役は役牌の暗刻。

「ふっ、せいぜい2900ぐらいだな。
仕切り直しで次局だ。」
などとたかをくくっていると……。

 

「!?!?!!」

なんと、既に清一色の手が揃っており、
清一色一通ドラ2で、
あけてびっくり親の倍満です。

いきなり24000の大放銃をしてしまった私は、
次局でツモられ、
2局であっさり飛んでしまいました……。

油断して、ひどい放銃をしてしまいましたね……。

今見ると、私が(6)云々言ってる間に
親はとっくにテンパっていました。

(6)チーもひどいですが、
チーした後もこんな手で攻めようとせず
とっとと降りるべきでしたね……。

適当に八萬の対子落としでもするべきでしたが、
実は、今見ると
この八萬を切ると下家がポンで、
高め大三元のテンパイ。

片や24000、片や32000と
なんとも恐ろしい場です。

なんにせよ、
あんなわけのわからないチーをしているようでは
まだまだですね……。

反省です。

さて、今回はそんなひどい闘牌があったにもかかわらず、
5トップで+120ポイントと、
久々に大きくプラスで終われることができました。

次回も、この調子で頑張りたいと思います。

投稿日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

押川雲太朗HP

押川雲太朗公式サイト

押川雲太朗の万事いい加減

押川雲太朗の万事いい加減

上野浅草御徒町

上野浅草御徒町

押川雲太朗

1965年生まれ。漫画家。麻雀漫画を多数執筆しています。現在は「麻雀小僧」と「Let’s Go なまけもの」を執筆中。


押川雲太朗先生の下でアシスタントをしている謎と申します。
天鳳やってます」を担当しています。
毎回やらかしてしまうヘボヘボなブログですが、良かったら見てください。
目標は四段R1800で特上卓に行くことです。
毎週金曜日更新予定。