天鳳やってます (77)

です。

今回も、天鳳で10回打ちました。

今回の成績は……
(1),(1),(3),(2),(4),(1),(3),(4),(4),(4)と、
4ラスでひどい成績でした…。

最初は調子が良かったのですが、
最後に三連続ラスをひいてしまいました。

通算成績は以下の通りです。
三段 260/ 1200pt R1634
1位率 .244 対戦数   790  和了率.223
2位率 .239 平均得点 -1.18 放銃率.172
3位率 .259 平均順位  2.52 副露率.310
4位率 .256           立直率.201
飛び率 .029

さて、今回は混乱してわけがわからなくなったこの局面を紹介します。

東3局、北家で22800点持ち。

現在、微差ですがラス目の東3局です。

トップ目が28200点、
3着目も24000点持ちと、
ダンゴ状態です。

微差とはいえ、ラス目なので
なるべくアガりに行きたいところです。

4巡目、私の手牌はこんな形になりました。

(6)を引き、なんだかゴツゴツしてきましたが
タンヤオで綺麗にまとめられそうな手牌です。

とはいえ、このままだとただのタンヤオになりそうです。

安手でも良いと言えば良いのですが、
できれば、ドラの2あたりを引いて
高い点数にしたいところです。

すると、8巡目狙い通りの2ツモ。

これで、点数的には十分です。

しかも、あれだけゴツゴツしてた手が
平和系の手になり、
456と567の三色の目も出てきました。

完璧です。

このツモの流れならば、
次も高めの牌を引いてきてくれるはずです。

ハネ満を引きアガって、次局を迎えたいと思います。

すると……

「あ、あらっ?」

次巡、引いてきたのはなんと一萬。

最も安目で、かなりガッカリする牌です。

こうなったら、三萬を頭にして
一萬をツモ切りしてやろうか、と思いましたが
一応手は進んだのでツモ切るわけには行きません。

打三萬。

これで、5が頭になり三色はなくなりましたが
平和ドラ1の一向聴です。

ハネ満とは行かなくなりましたが、
こうなったらこの手で押すしかありません。

さあ引け!四,七萬、あるいは(4),(7)!
と思っていると……

「ち、違う!!!」

次巡、引いてきたのはテンパイにならない4。

面子ができたのは嬉しいのですが、
また頭がなくなってしまいました。

なんだか、段々とおかしくなっています。

一向聴変わらずですが、とりあえず5を切っておきます。

すると……。

「……。」

次巡、(7)ツモ。

こうなってくると、もう言葉もでません。

完全におかしくなってきました。

面子にせずに、ツモ切りしておけば
両面で平和テンパイができていました。

一応、これでもテンパイですが、
さすがにこのテンパイにはとれません。

こうなったら、ここはテンパイを取るよりも
4を切って、ソーズに頭を求めたいと思います。

先に2,5、3,6を引けば
狙い通りの平和テンパイです。

四,七萬を先に引くと悲惨なことになりますが……。

ひどいミスの連発ですが、
こうなったら、汚くても最後にアガって華麗に締めたいと思います。

しかし……

流局間際、ようやくテンパったと思ったら
予想通り悲惨な七萬を引いてきてしまいました。

さらにひどいことになりました。

一応ノベタンの2,5、3,6でリーチは打てますが
どちらもフリテンというまれに見るひどいノベタンです。

しかも、この局面で下家からリーチがかかっています。

ここに振り込んだら、さらにラス目が濃厚です。

もはや、時間はありません。

こうなったら、どちらかが山にいると祈って
リーチをかけるしかありません。

枚数的には、どちらも残り2枚しかないノベタンですが、
万が一を避け、親の安牌の2切りリーチ。

紆余曲折ありましたが、
これが最終形です。

一番ひどい最終形のような気もしますが、
ツモれば問題ありません。

さあ眠っていてくれ!!6~~!
と祈るのですが……

そんなものが都合よくいるはずもなく、
結局流局で終わってしまいました……。

う~~ん、まだ親に放銃しなかっただけラッキーですかね……?

このへっぽこな闘牌が響いたのか、
この後にハネ満を放銃してしまい、
結局ラス目で終了してしまいました…。

ひどい闘牌ですね…。

はじめから、三萬を頭にして進めていれば、
七萬ツモでとっくに2000・4000をツモっていました。

平和でリーチをかけたいのなら、
せめて4でツモ切りをすべきでしたね……。

混乱しすぎて、わけのわからない打牌ばかりです。

ここまでミスったのなら、降りておけば良いものの、
何を血迷ったのかフリテンリーチです。

放銃しなくて良かったですが、
こんなことをしているようではまだまだですね…。

反省です。

さて、今回はラスを多く引き、
前回のトップを帳消しにする-70ポイントで終了となりました。

復活の兆しが見えたものの、
また暗黒街道に逆戻りです。

次回こそ、プラスで終われるよう
頑張りたいと思います。

投稿日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

押川雲太朗HP

押川雲太朗公式サイト

押川雲太朗の万事いい加減

押川雲太朗の万事いい加減

上野浅草御徒町

上野浅草御徒町

押川雲太朗

1965年生まれ。漫画家。麻雀漫画を多数執筆しています。現在は「麻雀小僧」と「Let’s Go なまけもの」を執筆中。


押川雲太朗先生の下でアシスタントをしている謎と申します。
天鳳やってます」を担当しています。
毎回やらかしてしまうヘボヘボなブログですが、良かったら見てください。
目標は四段R1800で特上卓に行くことです。
毎週金曜日更新予定。