天鳳やってます (86)

です。

今回も天鳳で東風戦を10回打ちました。

今回の成績は……
(1),(3),(3),(4),(2),(4),(3),(4),(2),(3)と、
3着4着ばかりのひどい成績でした……。

これまで好調だったのに、
急に調子が悪くなってしまいました。

通算成績は以下の通りです。
三段 950/ 1200pt R1731
1位率 .257 対戦数   880  和了率.228
2位率 .235 平均得点 -0.02 放銃率.169
3位率 .256 平均順位  2.49 副露率.311
4位率 .250           立直率.203
飛び率 .028

さて、今回は強気に行って失敗したこの局面を紹介します。

東2局一本場、西家で32600点持ち。

既に3万点を超えていますが、まだトップではなく
トップ目は下家の39900点持ちで、
その差は7300点差。

満貫をアガれば逆転できる点差です。

対して、上家が既に3500点。

ここは、上家が飛ばされる前に
なんとか満貫をアガって逆転したいところです。

こんな配牌が来ました。

既に東が暗刻で、
赤もあり悪くない配牌です。

育てば満貫にもなりそうですが、
最悪、東を生かして
安手で仕掛けても構いません。

ともかく、少しでも加点したいところです。

3巡目、ドラの八萬をツモり
こんな形になりました。

切ろうと思っていた九萬ですが、
こうなってはさすがに切るわけには行きません。

真っ直ぐ(7)を切りたいと思います。

形は悪いですが、このツモで
最低でも3900の手になりました。

しかも、早くも一向聴。

体制は万全です。

あとは、このペンチャンが綺麗に埋まれば良いのですが、
ドラ表示牌の七萬はなかなか厳しそうです。

どうしたものかと思っていると……。

次巡、上家が3をカン。

そして、新ドラが(1)になりました。

これでドラ3。

思いがけず高得点になりました。

そこへ、五萬ツモ。

一向聴なので、いらないといえばいらないですが
まだペン七萬の形では不安が残ります。

ここは、五萬の周りで両面になることを期待して
とりあえず打6です。

四萬か六萬を引いたら、ペンチャンを嫌いたいと思います。

すると、8巡目ドラの八萬をツモりこの形になりました。

ドラツモは良いのですが、
五萬の周りも七萬も全く引きません。

むしろ、(7)の周りで一面子出来てしまうという結果です。

ですが、こうなったらもう九萬はいりません。

打九萬です。

これでドラが4枚になりましたが、
場を見ると既に(2)が2枚。

本当は、カン(2)を鳴けばテンパイだったのですが
もたもたしているうちに2枚出てしまいました。

段々と歯車がずれていっています。

すると……

「ウゲッ……」

11巡目、ついに下家からリーチがかかってきてしまいました。

まずいところからリーチが来てしまいました。

ここでトップ目の下家にアガられたら、
さらにトップが遠のいてしまいます。

こちらもリーチといきたいところなのですが、
残した五萬が超危険牌となってしまいました。

どうしたものかと思っていると……。

次巡、またもやドラの(1)ツモ。

押し寄せるようにドラが来ます。

しかし、これでドラ5。

満貫程度で良かったのに、ハネ満になってしまいました。

五萬は危険牌ですが……

「ここでドラをツモってくるということは、波に乗っている証拠!
こんな五萬ぐらい、気合で通してやる!!!

と五萬を強打です。

結果は……。

この五萬が通らず、
見事一発放銃してしまいました……。

やはり、気合ではどうにもならないですね……。

こっちがハネ満アガるどころか、
逆にハネ満放銃を食らってしまって
結局3着で終了してしまいました……。

少し、強気に押しすぎましたね……。

やはり、余計なことを考えず
早めに五萬を切っておいた方が良かったですね……。

そうすれば、
アガれるかはともかく
ハネ満放銃という結果は避けることが出来ました。

あるいは、放銃を避けるなら
とりあえず(3)切りでも良かったかもしれません。

何にせよ、少々強く押しすぎですね……。

こんな放銃を繰り返しては、
四段もまだまだ先かもしれません。

修行が足りませんね……。

さて、今回は急に調子が落ち、-90と
負けで終了してしまいました。

連勝街道だったのに、若干雲行きが怪しくなってきました。

次回はプラスで終われるよう、
頑張りたいと思います。

投稿日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

押川雲太朗HP

押川雲太朗公式サイト

押川雲太朗の万事いい加減

押川雲太朗の万事いい加減

上野浅草御徒町

上野浅草御徒町

押川雲太朗

1965年生まれ。漫画家。麻雀漫画を多数執筆しています。現在は「麻雀小僧」と「Let’s Go なまけもの」を執筆中。


押川雲太朗先生の下でアシスタントをしている謎と申します。
天鳳やってます」を担当しています。
毎回やらかしてしまうヘボヘボなブログですが、良かったら見てください。
目標は四段R1800で特上卓に行くことです。
毎週金曜日更新予定。