天鳳やってます (97)

です。

今回も天鳳で東風戦を10回打ちました。

今回の成績は………
(3),(2),(2),(4),(1),(4),(3),(3),(1),(4)と、
3着と4着が多めの中途半端な回でした…。

通算成績は以下の通りです。
三段 720/ 1200pt R1698
1位率 .257 対戦数   990  和了率.228
2位率 .234 平均得点 -0.08 放銃率.166
3位率 .253 平均順位  2.50 副露率.312
4位率 .254           立直率.200
飛び率 .027

さて、今回は油断して失敗したこの局面を紹介します。

東4局、39900点持ちの親。

オーラスで約4万点持ちと、
調子良くトップ目で迎えた東4局です。

2着目も24700点持ちで、
15200点差とだいぶ離れています。

もはや、勝ったも同然です。

あとは、このオーラスをアガりきって
勝負を決めたいと思います。

2巡目、私の手牌はこんな形になりました。

形はそれほど良くありませんが、
2巡目でドラの(9)が対子。

高い手は必要ないのですが、
なかなか感触の良いツモです。

この調子で、手が伸びるのを期待したいところです。

すると、4巡目にカン8をツモり、
さらに5巡目に赤5をツモりこの形。

のりにのっています。

やはりツモの調子がよく、
早くも両面と両面が残った一向聴。

しかも、必要ないのに親マンにまでなってしまいました。

絶好調とはこのことです。

次巡あたりで、
サクッとテンパイが入ることを期待したいと思います。

すると、7巡目に南ツモ。

本来必要のないツモですが、
もう面子の形は揃っています。

ここは、念には念を押して(4)を打って安牌を抱えたいと思います。

決して油断はしませんよ~~。

しかし……

「あ…あらら?」

なんと、切った(4)に(5),(6)とすぐにくっつき
一面子逃してしまいました。

安全面を気にしすぎて、オーラスで手痛いミスです。

しかし、それでもまだ1万点以上のリード。

このぐらいのミスなんてなんてことない……はずです。

すると……

「来た!」

次巡、ようやく6ツモ。

一向聴になってからだいぶ時間がかかりましたが、
これでテンパイです。

「既にアガっているじゃねえか。」
という心の声が聞こえるような気もしますが、無視です。

ここまで来たら、攻めるしかありません。

とはいえ、もちろんリーチは必要ありません。

ダマテンで、二,五萬がポロッと出るのを
期待したいと思います。

打南。

すると……。

「ん……?」

この南を上家がポン。

上家は2着目ですが北家で、
鳴いた南はオタ風です。

一体、何をやっているのでしょう。

ホンイツにも見えませんし、
トイトイか役牌の後付けでしょうか。

何にせよ、少々警戒したいと思います。

すると、14巡目にこの東をツモりました。

東は場に1枚切れているだけですが、
実はこの東に誰かの反応があり、
鳴かずにスルーしたようです。

ということは……。

「ははァーん。読めたぞ。
十中八九この東は上家の手の中に対子だ。
そして、上家は1000点の後付けで2着狙い。
南が2枚出たから仕方なく鳴いて、
後付けが出る可能性に賭けたんだ。
つまり、これで放銃してもなんら問題ない!!

と、東をツモ切りです。

すると……

予想通り、上家からロンの声。

「ふっ、2着おめでとう。だがこれで振りトップだな。」
と余裕をかましていると……。

「!!?!?!!」

なんと、1000点の後付けどころではなく
ホンイツに染まっているではありませんか。

しかも、トイトイに東までついて
ちょうど8000点。

15200点差ということは、満貫直撃でひっくり返る点差。

オーラスで、油断をしすぎて
800点差で2位に落ちてしまいました……。

やってしまいましたね……。

まさか、あの捨て牌で萬子のホンイツに染まっているとは……。

無いだろうと思っていたのに、
びっくりです。

実は、今見ると
上家は南を鳴くまでは
ホンイツ七対子の一向聴。

そこへ、七萬が暗刻になり
トイトイを狙っていったようです。

だから、1枚目の東も南も鳴かなかったのですね……。

結果的に、南を抱えたのが悪手でしたね……。

変なことを考えずにツモ切りしていれば、
おそらく上家も鳴くことはなく、
とっくにアガれていました。

出したタイミングも最悪で、
七萬が暗刻になった瞬間に切ってしまったという結果です。

安全策を練ったつもりが、
自分で自分の首を締めてしまっていましたね…。

まだまだです。

さて、今回はあまり調子が芳しく無く、
-50とややマイナスで終了してしまいました。

次回は、プラスで終われるよう
頑張りたいと思います。

投稿日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

押川雲太朗HP

押川雲太朗公式サイト

押川雲太朗の万事いい加減

押川雲太朗の万事いい加減

上野浅草御徒町

上野浅草御徒町

押川雲太朗

1965年生まれ。漫画家。麻雀漫画を多数執筆しています。現在は「麻雀小僧」と「Let’s Go なまけもの」を執筆中。


押川雲太朗先生の下でアシスタントをしている謎と申します。
天鳳やってます」を担当しています。
毎回やらかしてしまうヘボヘボなブログですが、良かったら見てください。
目標は四段R1800で特上卓に行くことです。
毎週金曜日更新予定。