天鳳やってます (99)

です。

今回も天鳳で東風戦を10回打ちました。

今回の成績は………
(4),(4),(4),(2),(2),(3),(4),(2),(2),(4)と、
トップを1回も取れず、6回ラスと
かなり絶不調で終わってしまいました……。

一気にどん底です。

通算成績は以下の通りです。
三段 610/1200pt R1684
1位率 .255 対戦数  1010  和了率.228
2位率 .236 平均得点 -0.14 放銃率.165
3位率 .252 平均順位  2.50 副露率.312
4位率 .255           立直率.200
飛び率 .026

さて、今回は点数確認を怠って失敗したこの局面を紹介します。

東4局、22000点持ちで北家。

現在、オーラスで僅差ですが3着目という状況です。

トップ目は、対面で30700点持ち。

その差は、8700点差で
満貫出アガりだとギリギリ届きません。

ですが、満ツモなら逆転という状況です。

しかし、ラス目も21000点持ちと、
たった1000点差で、かなり危うい状況です。

振らずに手を進めたいところですが、
チャンスがあれば、満貫手を狙って
手を作りに行きたいと思います。

こんな配牌が来ました。

(3)の暗刻はありますが、それ以外はバラバラで
とても満貫にはならなそうな配牌です。

しかも、ドラが南。

満貫を作るには、かなり厳しそうです。

こうなったら、また勢いに身を任せて
強引なホンイツに走ってやろうか、と思っていると…

2巡目に七萬、
4巡目に(2)をツモりこんな形になりました。

ツモは悪くなく、急所の牌ばかり引いてきます。

さすがに、六七八の面子ができたら
ホンイツに走るというわけには行きません。

ここは、普通に手を作りたいと思います。

とはいえ、何を切るかですが……。

真っ直ぐ行くなら四萬切りが良さそうですが、
ここを切ったら、最終的にリーのみになりそうです。

ここは、少しでも点数を高くするために
(8)(9)切りです。

せめて、平和をつけて
少しでも打点をあげたいところです。

すると……

7巡目、四萬ツモ。

結局平和にはならず、
カン(4)待ちの一盃口でテンパイしてしまいました。

早い巡目でテンパイしたのはいいのですが、
さすがにこの待ちでリーチをかけるわけには行きません。

この形なら、ピンズの手替わりがたくさんありそうです。

それに、満貫と行かなくても、
この1000点を対面からアガることが出来れば
サドンデスで南1局へ続行です。

ダマテンならば、この巡目で(4)が出ることも
十分ありえます。

ここは、大人しくダマテンで構えたいと思います。

打九萬。

すると……

「ん、んん……?

9巡目、なんと4枚目の(3)ツモ。

かなり予想外のツモです。

一瞬、カンも頭によぎりましたが
さすがにそんなことをしたら、この手は死にます。

とはいえ、どこを切れば一番手広いかですが……。

「この形で一番手広い打牌……
それはこれしかない!
この多面張ならリーチだ!!!

……あれ???

なんと、ここで(5)切りリーチ。

確かに形だけなら四,(3)(6)と変則三面張ですが、
(3)は自分で四枚使っており、実質四,(6)待ちです。

あまり良い待ちとは言えませんが、
一瞬、手広いような気がして
ついリーチをかけてしまいました。

しかも、一発裏でも乗らない限り、
どう見てもただのリーチのみです。

やってしまいました。

ですが、まだ可能性が残されてないわけではありません。

満貫は厳しそうですが、
対面から出るか
ツモって裏を乗せればまだ続行可能です。

せめて、アガって終了させてくれ~、
と願うのですが……。

気合虚しく、トップ目の和了で終了してしまいました……。

やはり、こんな手ではアガるのは厳しいですね…。

しかし、放銃でなくて助かりました。

ラス目の上家との差は1000点。

ここで、放銃しようものなら一気にラスに……
ん…?

上家との差がぴったり1000点…?

そして、上家は西家で私は北家。

と、いうことは……。

リーチ棒の差で、
同点ラス!!

席順優先で、なんとラスを引いてしまいました…。

まさか、こんな決着があるとは……。

アガることばかり考えてしまい、
リーチしてアガれなかった時のことを
全然考えてなかったですね…。

やってしまいました。

う~~ん、やはりあの手でリーチをしたのが失敗でしたね…。

3着とはいえ、リーチを打ったらラス確定というこの局面では
リーチは厳禁でした。

役がある以上、一盃口の(4)待ちか、
あるいは(1)切りの(5)四待ちでも良かったですね…。

下手にトップをとることを考えず、
ラスをとらないことを考えるべきでした。

この打ち方は、まさにラスをとる打ち回しですね…。

反省です。

さて、今回はついに絶不調が来てしまい、
-210ポイントと大敗北で終了してしまいました。

レートもぐんぐん下がり、
かなり危うい状況です。

次回は、プラスで終われるよう
頑張りたいと思います。

投稿日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

押川雲太朗HP

押川雲太朗公式サイト

押川雲太朗の万事いい加減

押川雲太朗の万事いい加減

上野浅草御徒町

上野浅草御徒町

押川雲太朗

1965年生まれ。漫画家。麻雀漫画を多数執筆しています。現在は「麻雀小僧」と「Let’s Go なまけもの」を執筆中。


押川雲太朗先生の下でアシスタントをしている謎と申します。
天鳳やってます」を担当しています。
毎回やらかしてしまうヘボヘボなブログですが、良かったら見てください。
目標は四段R1800で特上卓に行くことです。
毎週金曜日更新予定。